三国大洋のスクラップブック

アリババと大連ワンダ--中国オンラインモールとショッピングモールの戦い

三国大洋 2014年11月14日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の一部でテナントが埋まらないショッピングモールをデータセンターに転用する動きが進んでいるという話をWSJ.comの記事で読んだ。

 データセンターというと、GoogleやFacebook、Appleなどがへき地に建設した大規模な施設のことを思い浮かべがちだが、クラウドを利用する動きが中小企業などにも拡がった現在では、そうした地場の顧客を相手に商売するデータセンター事業者なども少なくないそうだ。そうした業者にとって“手頃な物件”の選択肢として、地方都市の郊外にあるショッピングモールの空き物件の人気が高まっている。

 同記事では、「かつてTarget(大手小売店チェーン)の店舗として使われたいた物件の中に今ではサーバやルータを収めたラックが並んでいる」といった例や、大手百貨店チェーンのMacy'sやSears、J.C. Penneyの店舗が軒を連ねるモールの中で小売店舗を転用したデータセンターがある、といった例が紹介されている。

 こうした都市近郊のショッピングモールに空き物件が目立つようになったのは、やはり2008年の経済危機以降のこと。ただし、その後景気が回復する中でもテナントはなかなか見つからず、空室率(vacancy rate)は5年前とほぼ同じ水準のまま、そして賃料は10%以上も値下がりしている…。そうした状況下で、ある程度まとまったスペースを借りたがるのは、需要が伸びているデータセンター業者くらいしかいない、ということらしい。

 また、ショッピングモールにテナントとなる小売業者が戻ってこない理由のひとつとして、オンラインショッピングの普及も挙げられており、「価格(賃料)の点で最も魅力的なのは、中産階級の住人が多く暮らす近隣にあるショッピングモールの物件(略)こうした消費者の多くがオンラインで買い物を済ませるようになってしまった」などとする、あるデータセンター事業者のコメントも引用されている。

 Amazonのようなオンラインモールをはじめとして、さまざまなタイプのオンラインショップが活況を呈する中で、その煽りを食ったリアルなモールの空きスペースがさらにデータセンターに転用されている、というのは何とも皮肉なことに思えたりもするが、ここではその点には深入りしない。

気になるAlibabaとDalian Wanda

 このWSJの記事を読んでひとつ思い出したことがある。それは供給過剰を懸念する声が挙がる中でいまだに建設ラッシュが続いているとされる中国のショッピングモールのことだ。

 Business Insider(BI)が10月初めに掲載していたAFP記事には、世界で進行中のショッピングモール建設プロジェクトの約半数が中国のものなどとする一文が出ていたりする。

 このAFP記事で焦点が当てられているのは、今年秋に米国(NYSE)で株式公開を果たしたAlibabaとDalian Wanda(大連萬達、日本では大連ワンダとも呼ばれる)という大手の不動産開発事業者の動きである。

 Alibabaとその創業者であるJack Maについては、同社のNYSE上場前後からかなり多くの情報が出ているはずなので、特に詳しい説明も不要かと思う。時価総額は約2823億ドルとFacebook(2080億ドル)やAmazon(約1444億ドル)を上回り(金額はいずれも11月11日時点)、大口株主であるソフトバンクの決算や株価にも大きな影響を及ぼす存在。

 11月初めに出ていたBloomberg記事によると、ソフトバンクが出資する上場企業の時価総額が合計で1140億ドルだが、そのうち870億ドルがAlibaba株式(全体の32%をソフトバンクが保有)だという。2823億ドルの32%なら約903億ドルとなるので、この1週間ほどでAlibabaの株価はさらに値上がり、ということだろう。9月にあった株式公開で、創業者のMaは中国一の大富豪となっている(Bloomberg Billionaireランキングでは推定個人資産額291億ドルで世界第20位)。

 Dalian Wandaは、テクノロジ系のニュースなどではめったに名前を目にすることがないが、ウェブを調べてみると、ショッピングモールのほか、ホテルチェーンや映画館(シネコン)チェーンの運営も手掛ける大手の不動産事業者、といった説明が見つかる(Wikipediaの項目には、「2014年6月時点で、中国全土にショッピングモールを88カ所、五つ星ホテルを55軒、映画館を1247スクリーン、百貨店を78店舗保有」という一節もある)。

 また一昨年にはAMCという米国の大手映画館チェーンを26億ドルで買収したこともニュースになっていたらしい。このDalian Wandaの創業者で経営者のWang Jianlinは、Jack Maに抜かれるまで中国一の大富豪だった人物でもある(Bloombergの上記ランキングでは個人資産146億ドルで66位)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]