編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップル、「iOS 8.2」でFREAK脆弱性を修正

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-10 12:18

 Appleが米国時間3月9日にリリースしたモバイルOS「iOS 8.2」で、同社の各種製品に存在する「FREAK」と呼ばれる脆弱性が修正された。

 この脆弱性は、SSL接続やTLS接続による、広く利用されている暗号化されたネットワークに対し、攻撃者が中間者攻撃を仕掛けることを可能にするもの。

 MicrosoftやGoogleなど他の企業も、製品やサービスがこのバグの影響を受けている。

 Appleはアドバイザリノートで、この脆弱性が「iPhone 4S」以降の端末、「iPod touch」(第5世代以降)、「iPad 2」以降のモデルに影響するとしている。

 バグの影響を受けると考えられるユーザーは、クライアントチェック用ツールを利用できる。また、早めにiOS 8.2にアップグレードすべきだ。


提供:ZDNet/Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]