編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

MS、Windows 10向けのエンタープライズ級バイオメトリクス技術「Windows Hello」発表

Ed Bott (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-18 10:18

 Microsoftは2015年秋に発売予定の「Windows 10」で、バイオメトリクス技術を大きく取り込む計画だ。「顔、虹彩、指紋を利用してデバイスをアンロックできるようになる。これらの技術は、パスワードよりも安全性が高い」とMicrosoftは述べている。

 現地時間3月17日に中国で開催されたWinHECで、Microsoftの幹部は「Windows Hello」という最新機能を披露した。指紋リーダー、赤外線センサーなどのバイオメトリクスセンサー技術を利用してWindows 10に瞬時にアクセスできるというもので、一見したところ、Appleの指紋認証「TouchID」に対するMicrosoftの対抗策のように見える。同社は顔を見せたり指で触れれば、すぐにデバイスで認証が完了するとしている。

 だがMicrosoftの野望は大きい。認証技術は“Passport”という聞き慣れた開発コード名(これは「Windows Live ID」の最初の名称もある。Windows Live IDはその後「Microsoft Account」に発展した)と呼ばれる新しいAPIをベースとしている。Passportフレームワークは、エンタープライズITマネージャー、開発者、ウェブサイト管理者がパスワードより安全な方法を提供することを目指すものだ。認証プロセスでパスワード情報のやりとりはなく、遠隔にあるサーバーに保存されることもない。これにより、セキュリティ侵害が頻発する2つのプロセスを削減できる。

 これがおそらく、Microsoftが2014年10月以来Windows 10技術プレビュービルドに組み込んできたが、まだ機能として提供されていない「Next Generation Credentials」なのだろう。MicrosoftはWindows Helloを紹介する動画を公開している。

 動画では詳細な技術情報はあいまいだが、Windows Helloではバイオメトリクス情報「とユーザーのデバイス」を利用してデバイス、アプリ、データ、オンラインサービスのアンロックを行うとしている。おそらく、最初に登録プロセスが必要で、それによりデバイスがマルチファクタ認証における1ファクタになるのだろう。

 この技術は「オプトイン」式であり、バイオメトリクス署名はデバイスに安全に保存され(おそらく、「Trusted Platform Module」の一部として)、ネットワークを経由して転送されることはない。

 Microsoftは、防衛、金融、ヘルスケアなどの規制の厳しい業界の企業や政府機関にも適した「エンタープライズ級のセキュリティ」をWindows Helloは提供すると主張している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]