編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

クオリカとCA 、サービス仮想化分野で提携

NO BUDGET

2015-04-07 08:58

 クオリカとCA Technologiesは4月6日、サービス仮想化の分野で提携すると発表した。

 クオリカのクラウド基盤から、CA Technologiesが販売するソフトウェアのテストを効率化するためのシミュレーター(サービス仮想化)である「CA Service Virtualization」を、月額サービスとして提供する「QTaaS(キュータース:Qualica Testing as a Service)」を、同日より提供する。利用料金は月額150万円(税別、利用期間は最低3カ月)から。


QTaaSによる仮想サービスの利用イメージ

 クオリカは以前から、自社のシステムインテグレーションにCA Service Virtualizationを活用してきた。QTaaSは、このノウハウをサービス化し、クラウドサービスとして顧客に提供するもの。両社は今後、QTaaSの拡販を狙い、共同でマーケティング活動やお客様への提案活動を実施していくとしている。

 QTaaSの特徴は以下の通り。

提供形態

  • パブリッククラウドから仮想サービスを提供
  • 仮想サービスの設計および実装作業
  • 仮想サービスの利用に関する電話サポート

主なメリット

  • サービスはクラウドから提供するため、ユーザー側に仮想サービスを使うためのハードウェア環境やインストール作業が不要
  • ユーザーがアプリケーションのテストで必要となるテスト環境をクオリカが構築しQTaaSとして提供するため、ユーザー自身がツールを習得する必要はなく、すぐにテスト作業に利用することが可能
  • 月額利用体系であるため、ユーザーが必要に応じ臨機応変に使用できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]