世界のPC出荷台数、2009年以来の低迷--IDC四半期調査

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年04月13日 07時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは米国時間4月9日、世界市場における2015年第1四半期のPC出荷台数レポートを発表した。なお9日にはGartnerも同様のレポートを発表している。

 両レポートにおけるほとんどの数値は異なっているが、全体的な傾向は同じだ。

 IDCのレポートによると、2015年第1四半期における世界市場のPC出荷台数はおよそ6850万台と、前年同期比6.7%減となった。

 ただ、予想されていた数値よりは少しよかった点が救いになっている。

 IDCにおけるPCの分類は、Gartnerのそれよりも若干広く定義されており、デスクトップPCやノートPC、「Chromebook」、ワークステーション、ウルトラスリムノートPCも含まれるが、ハンドヘルド機器やx86サーバ、タブレットは含まれない。

 それでも、アナリストらによると出荷台数が6900万台を割り込んだのは2009年第1四半期以来だという。

 出荷台数の減少は避けられない流れに見え、IDCのシニアリサーチアナリストJay Chou氏は「PC市場はさらに整理統合が進むだろう」と同レポートで警告している。

 こうした状況は、IDCのアナリストらが言うところの、「『Windows 8.1 with Bing』搭載ノートPCの在庫の積み上がりや、『Windows XP』のサポート終了をきっかけとする企業による買い換え需要の減速、為替変動や思わしくない経済指標を原因とする多くの地域での需要低迷」を含む「逆風」に直面したせいだ。

 米国に目を向けると、出荷台数の減少ペースははるかに緩やかであり、第1四半期には1420万台のPCが出荷され、前年同期比からの減少率は1%に過ぎない。IDCはChromebookやWindos 8.1 with Bing搭載ノートPC、ウルトラスリムノートPC、コンバーチブルノートPCといった、PCの新たなカテゴリの成長を指摘している。

 しかしデスクトップPCの出荷は「低迷している」と記されている。

 ベンダーごとに見ると、世界市場における出荷台数の多さではトップから順にLenovo、Hewlett-Packard(HP)、Dell、Acer、ASUSとなっており、この順位に変化はない。

 米国市場ではHPが引き続きトップであり、その後にDell、Lenovo、Apple、東芝が続いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算