編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

クラウド関連インフラ投資、ODMがシェア拡大--IDC調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-20 12:59

 米調査会社のIDCによると、ストレージやサーバ、ネットワーク機器を含むクラウド関連のITインフラへの投資は、2014年第4四半期には前年同期比14%増の80億ドルに達したという。また、クラウドへの投資は全ITインフラ投資のおよそ30%を占めているという。

 同四半期、プライベートクラウドインフラへの投資は前年同期比18.3%増の29億ドル、パブリッククラウドインフラへの投資は12.3%増の50億ドルだった。

 2014年を通して見ると、プライベートクラウドへの投資は前年比20.7%増の100億ドル近くに、パブリッククラウドへの投資は17.5%増の165億ドルとなっている。

 またIDCのデータでは、ODM(相手先ブランドでの設計製造)企業がいかに市場シェアを獲得しているかも明らかになった。その理由は、クラウド市場がGoogle、Amazon Web Services、Microsoftなどハイパースケールのプロバイダーによって占められつつあるためだ。こうした大手クラウド企業は独自のサーバを調達している。

 HPは、機能を絞ったホワイトボックスのコンピューティング製品を提供するいくつかの既存大手企業の1社だ。これまでのところこの戦略は功を奏しているようだが、旧来の大手IT企業が成長を維持するのにプライベートクラウド市場が貢献するかは、まだ分からない。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]