社員20人未満の企業8割が「何も進めていない」--マイナンバーの意識調査

NO BUDGET 2015年04月23日 18時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT東日本は4日23日、「マイナンバー制度」における民間企業担当者の意識と、制度施行・運用開始に向けた準備状況などの実態を確認するため実施した調査の結果を発表した。

 それによると、マイナンバー制度への理解や検討が進んでいる反面、実際の対策はこれからという企業が大半であること、また企業規模によってマイナンバー制度に対する意識や姿勢、準備、検討状況に差がある実態が判明した。

 

 同社では、10月の施行まで半年間を切っている状況を考慮し、今後「かけこみ対策」に踏み切る企業が増加することが予測されるとしている。


(NTT東日本提供)

 調査は4月10日~4月12日にかけて実施され、対象は全国民間企業の正社員、会社役員、経営者。企業規模を社員数に応じた4グループに分類、また担当業務を「情報セキュリティ・ITインフラの導入運用に関する業務」と「経営者、役員、経理・会計、人事・総務」の2グループに分類し、合計8つのグループでそれぞれの回答結果を評価した。

 調査結果の概要は以下の通り。

マイナンバー制度の対応が必要な範囲については誤解もみられる


(NTT東日本提供)

 制度運用開始後にマイナンバー開示が必要となる社内事務手続について認知度をみたところ、認知率が最も高かったのは「健康保険加入」の68.3%、2位は「厚生年金加入」の63.8%。以降「源泉徴収(51.6%)」「確定申告など税の手続き(47.7%)」「給与支払い(43.4%)」と、多くの項目で認知度が半数以下という結果になった。

 マイナンバー制度対応が必要となる企業規模についての質問では、正しい回答である「1人以上」の回答率は全体で50.0%だった。これを企業規模別で比較してみたところ、社員数が多いほど「1人以上」の回答率が下がり、社員301人以上で最も低く43.1%。社員数101人以上の6割近くが誤った認識をしていることが分かった。

 さらに、マイナンバー制度の対応として、対象とする必要があるのはどの従業員までだと思うかについても確認してみたところ、最も認知率が高かったのは「会社員(一般社員~主任・係長)」で87.4%、次いで「会社員(管理職:課長~部長・執行役員)」が74.4%。その他の項目も軒並み高い認知率だったが、「業務委託先の個人(フリーランス)など」は32.3%と低かった。

社員20人未満の企業では約8割が「何も進めていない」

 マイナンバー制度が施行される2015年10月に対し、いつごろまでに企業側の準備を完了すべきかという質問に対し、全体で最も多かった回答は「施行の半年前」で24.8%、2位は「施行の3カ月前」が19.8%、3位は「わからない」18.5%となった。


(NTT東日本提供)

 また、マイナンバー施行に向けた準備の進捗を聞いたところ、「何も進めていない」が最多の43.6%だったのに対し、「既に準備が完了している」はわずか3.7%。「準備を進めている段階」は19.0%、「準備を始めたばかり」も11.0%にとどまった。

 規模別でみると、社員数が少ないほど準備をしている割合が少なくなり、社員1~20人では全体の約8割に相当する75.4%が「何も進めていない」と回答した。


(NTT東日本提供)

マイナンバー制度対応は「必要な範囲で」、マイナンバーの管理方法「わからない」が4割強

 マイナンバー制度への対応姿勢について4段階で質問したところ、全体で最も多かったのは「必要な範囲で対策を行うべき」の37.9%、2位は「必要最低限の対策を行うべき」で28.1%と、全体の7割近くが消極的な対応姿勢。

 規模別で比較してみたところ、社員100人未満の企業では「範囲を限定せず積極的に取り組むべき」と「必要な範囲で対策を行うべき」の合計値が44.3%であったのに対し、101人以上の企業では69.2%と、約25ポイントも高い結果が出ている。


(NTT東日本提供)

 また、検討しているマイナンバーの管理方法について複数選択で聞いてみたところ、全体の42.1%が「わからない」と回答した。具体的な方法として最も回答率が高かったのは「マイナンバー対応ソフト(業務用)」の28.1%、次いで「マイナンバー対応ソフト(市販用)」の17.0%。規模別でみると、社員数が少ないほど「わからない」の回答率が高い結果となった。


(NTT東日本提供)

マイナンバー対応への課題は「セキュリティ強化」「社員からのマイナンバーデータ回収」

 マイナンバー制度に対応する上での課題について、全体で最も多かった回答は「個人情報保護、セキュリティ対策の強化」で41.6%、以降「社員からマイナンバーデータを回収すること(30.8%)」「マイナンバー対策への費用捻出(30.5%)」と続いた。


(NTT東日本提供)

中小企業は「社員のみで対応」、大企業は「社員と外部パートナーで対応」

 マイナンバー対策に向けた組織体制について三者択一で質問したところ、全体で最も多かったのは「社員のみで対応する」で52.4%、次いで「社員と外部パートナーで対応する」で43.0%、「外部パートナーに完全委託する」は4.5%と少数にとどまった。規模別でみると、社員数が少ないほど「社員のみで対応する」の率が高い傾向。


(NTT東日本提供)

個人情報保護・セキュリティ対策の自己評価に格差

 現在の個人情報保護やセキュリティ対策状況がどの程度のレベルかを5段階で自己評価をしてもらったところ、「一般的な水準で対策ができている」が43.5%と最多、各レベルを1~5ポイントとして平均すると2.8ポイントとなった。

 規模別では、社員数が多くなるにつれて自己評価も高くなり、社員1~20人の企業では平均が2.3ポイントだったのに対し、社員301人以上の企業では平均3.3ポイントと、1ポイントの差が生じた。


(NTT東日本提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]