マイクロソフト、「Windows 10」で新たなアップデートオプションを提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年05月07日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、シカゴで開催中のITプロフェッショナル向けカンファレンス「Microsoft Ignite」の初日となる米国時間5月4日、「Windows Update for Business」というコンセプトを発表した。これは、アップデートおよびサービスの新たな仕組みであり、「Windows 10」のリリースとともに提供が開始される予定だ。

 同カンファレンスにおけるMicrosoftの基調講演(同社の発表では聴衆は2万3000人)によると、ITプロフェッショナルはWindows 10のサービスおよびアップデートのプロセスを今後も制御できるという。2018年までに10億台の機器でWindows 10を稼働させたいと望んでいるMicrosoftにとって、同OSが企業やITプロフェッショナルに受け入れられることは重要なポイントだ。

 Windows 10に移行するコンシューマーは、所有する機器のサポート寿命が続く限り無償で、同OSのすべての新機能やセキュリティアップデート、修正を定期的に受け取ることになる(ただし、「所有する機器のサポート寿命」についての詳しい定義は明確化されていない)。この場合、コンシューマーは適用するアップデートを取捨選択できない。つまり「Windows Update」を通じてすべてのアップデートが適用される。Windows 10のこのユーザーグループは「Current Branch」(現行ブランチ)を使い続けることになるわけだ。

 これに関連する情報として、MicrosoftはWindows 10のプレビュー版の提供を受け取るリングとして、現行の「Fast」(高速)と「Slow」(低速)に加え、「Ludicrous Speed」(ありえないスピード)リングを含む新たなリングの追加も検討している。これらのサービスリングを選択したユーザーは、Windows 10の新機能のテスト版や、さらに迅速かつ定期的なアップデートを受け取ることになる。

 「Windows 10 Enterprise」の顧客は「Long Term Servicing Branch」(長期サポートブランチ)の一環として、セキュリティアップデートのみを受け取る(新機能のアップデートは受け取らない)というオプションを選択できる。企業は「System Center Configuration Manager」や「Enterprise Mobility Suite」「Windows Server Update Services」(WSUS)といった既存のアップデートメカニズムを使用することで、社内のWindows 10ユーザーがこれらのセキュリティアップデートを適用するタイミングを制御できるようになる。

 今回発表されたWindows Update for Businessの対象となるのは、Windows 10のさらに別の顧客層だ。つまり、仕事でミッションクリティカルな機器やアプリを使用していないエンドユーザーである。これらのユーザーは、「Windows 10 Pro」やWindows 10 Enterpriseが稼働する機器上で無償で、新機能やセキュリティアップデートといった修正を受け取れるが、そのペースはより保守的なものとなる。こうしたユーザーは新たなWindows Update for Businessサービスを通じてこれらのアップデートや修正を受け取ることになる。

 Windows Update for Businessでは、こうした新機能や修正をいつどのようにユーザーに提供するかについて、ITプロフェッショナルがより高度に制御できるようになっている。Windows Update for Businessによって、ITプロフェッショナルはどの機器を優先してアップデートするか、またどの機器を後回しにするかを設定できる。また帯域が限られている拠点にはピアツーピアでパッチを配信できる。さらに、そうしたアップデートを管理ツールのSystem CenterやEnterprise Mobility Suiteと連携させることも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算