編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Sansan、API公開へ--日本郵便、セールスフォース、MS、サイボウズなどが利用

怒賀新也 (編集部)

2015-05-12 17:13

 名刺管理サービスを提供するSansanは5月12日、都内で記者発表会を開き、自社の名刺管理サービス「Sansan」とパートナー企業のサービスを連携できるようにするため、APIを8月中旬に無料公開すると発表した。

 顧客データベースなどの他社サービスと名刺管理ツールを連携し、営業担当者のデータ入力負担を軽減したり、顧客マスターを最新の状態に保てるようにしたりといった利用方法を想定している。

 提供する「Sansan Open API」の形態は、RESTful APIとJavaScriptライブラリ。パートナープログラムへの参加を提供条件としている。パートナーのタイプは、APIを自社製品に組み込む「Productパートナー」と、システム導入で利用する「SIパートナー」の2種類。APIを利用して、自由にソフトウェアの開発、販売ができる。

 発表会には、日本郵便、セールスフォース・ドットコム、サイボウズ、日本マイクロソフトの4社が約20社の先行パートナーを代表して登壇した。

日本郵便の執行役員で、郵便、物流営業部担当の津山克彦氏
 日本郵便の執行役員で、郵便、物流営業部担当の津山克彦氏

 日本郵便の執行役員で、郵便、物流営業部担当の津山克彦氏は「SansanにはAPI公開を以前から依頼していた」という。年賀状離れを食い止めるために有効と考えた。現在、全年賀状の2割が企業絡みのものだが、年賀状のやり取りを「儀礼的」として敬遠する動きが広がっていることに危機感を覚えたという。

 そこで「名刺交換をした人にもっと気軽に年賀状を出すような習慣を広めたい」と考え、その基盤としてSansanに注目した。

 セールスフォース・ドットコムの専務執行役員でアライアンス本部長の保科実氏は「名刺はオフラインの顧客接点の入り口になる。名刺データベースが開示されることで、さまざまなクラウドベンダーが連携し、顧客により広範な機能を提供できるようになる」と話した。

 「クラウドの普及とともに、1社ですべてそろえて競争する時代ではなくなっている。付加価値の提供が遅れるからだ。今後は共創の時代になる」(保科氏)

 サイボウズの執行役員、ビジネスマーケティング部長を務める林田保氏は「1つのアプリケーションですべてを解決できないため、クラウドサービスベンダーとの連携を重視している」と連携の意図を説明。

 顧客情報管理システム(CRM)「Dynamics CRM」との連携を発表した、日本マイクロソフトの執行役、Dynamicsビジネス本部長を務める日隈寛和氏は「営業の生産性向上を期待している」と話した。

 この日発表されたパートナー企業は、50音順で次の通り。アイキューブドシステムズ、アプレッソ、インフォテリア、ウイングアーク1st、オプティム、カイロスマーケティング、サイボウズ、セールスフォース・ドットコム、ゾーホージャパン、ネクスウェイ、日本マイクロソフト、日本郵便(JPメディアダイレクト)、マクロミル、弥生、レッドフォックス、NIコンサルティング、NTTコミュニケーションズ、SAPジャパン、Twilio for KDDI Web Communications。

 このほか、SFAソフトウェアを提供するソフトブレーンも、パートナーシップに参画すると発表している。

 Sansanの取締役、富岡圭氏は、APIの公開により「Sansanと他のITサービスが組み合わさることによる新たな価値が生まれる仕組みをつくりたい」とアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]