OpenStack、共有やコラボを可能にする「Community App Catalog」を発表

Toby Wolpe (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部

2015-05-20 10:18

 OpenStack Foundationは米国時間5月19日、コラボレーションと共有を容易にするための「Community App Catalog」を発表した。企業はツール、イメージ、テンプレートなどを保存できる。

 Community App Catalogは、OpenStackベースのクラウドをより効率良く動かすために、コミュニティーがすでに行っている取り組みを共有できるものだ。OpenStackのテンプレート言語「Heap」、イメージサービス「Glance」、アプリカタログ「Murano」などを利用したコラボレーションが可能で、「AMI(Amazon Machine Image)のようなマシンイメージで、基本的な構成要素であるGlanceイメージのアップロードと共有、高レベルのオーケストレーションのためのHeatテンプレート、新しいMuranoパッケージを利用できる」とOpenStack Foundationの最高執行責任者(COO)、Mark Collier氏は述べる。

 OpenStackは今週カナダのバンクーバーで開催している「OpenStack Summit」でCommunity App Catalogを披露した。

 「OpenStack Foundationにとって自然なステップだ。なぜなら、われわれはAmazonモデルとは異なり、1社が1つのクラウドを運用するのではなく、世界中でさまざまな企業が運営するクラウドのネットワークを持つからだ」とCollier氏は述べる。

 OpenStack FoundationのエグゼクティブディレクターJonathan Bryce氏によると、Cloud Foundry、CoreOSなどの技術、Docker、KubernetesなどのイメージがすでにCommunity App Catalogで利用できるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]