編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

シスコ、SDN製品と戦略のアップデートを発表--ヴイエムウェアと対抗へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-11 10:35

 Cisco Systemsは米国時間6月10日、「Cisco Live」にて最新のソフトウェア定義ネットワーク(SDN)製品と戦略を発表した。「Application Centric Infrastructure(ACI)」の最新版のリリース、ハードウェア、「Microsoft Azure」との統合などが明らかになった。

 最新のSDN戦略でCiscoは、自社ソリューションとVMwareのNSXプラットフォームとのROI(投資対効果)を直接比較している。たとえば、CiscoはSymantecによるACI利用についてのIDCの事例調査を引用している。プレゼンテーションで、ACIの設計はVMwareのNSXプラットフォームと比較すると22%低価格であるとするZK Researchの分析を紹介した。

 このようなベンダーの主張を真に受けるべきではないが、Ciscoがどこを目指しているのかわかるだろう。CiscoはパートナーでもあるVMwareへの対抗心を隠さなかった。

 製品面では、2015年後半に新製品の提供を開始するとCiscoは述べた。以下が発表内容だ。

  • CiscoはMicrosoft AzureおよびSystem Centerネットワーク自動化ツールをACIに統合し、相互接続をサポートする。両社は3月に提携を発表している。
  • ACIでの複数のデータセンター実装のサポート。アプリケーションの依存性マッピングはパートナーのCliQrより提供される。ツールとインターフェイスも新しくなった。
  • 「Nexus 9000」スイッチに「NX-OS」拡張性のサポートが追加。
  • NexusスイッチポートフォリオでのNX APIの利用。CiscoはNX-OSも強化し、自動管理とネットワーク設定をサポートした。
  • 10Gから100Gをサポートする最新の「Nexus 3200」ラックスイッチを第3四半期に発売。
  • SDNツールでVMware、Microsoft、Red Hatのハイパーバイザをサポート。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]