編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

シスコ、SDN関連製品を手がける新興企業Embraneを買収へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-03 12:45

 Cisco Systemsは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)関連製品を手がける新興企業Embraneを買収する計画を発表した。EmbraneはすでにCisco Investmentsから出資を受けている。

 買収手続きは今四半期に完了する見込み。これによりCiscoは、ファイアウォール、VPNターミネーション、サーバロードバランサ、SSLオフロードなどのレイヤ3~7のネットワークサービスを提供する、Embraneのソフトウェアプラットフォームを獲得することになる。

 2014年にCisco Investmentsが出資した際、Embraneは「Cisco Adaptive Security Virtual Appliance」、Cisco傘下のSourcefireによる仮想アプライアンス、さらにサードパーティーのシステムに対応したライフサイクル管理ソリューションを追加していた。

 Ciscoのシニアバイスプレジデントで事業開発のトップであるHilton Romanski氏は、「Embraneのチームは、『Nexus』製品ポートフォリオを通して顧客に選択の自由度をもたらすという当社の戦略を拡大することや、『Application Centric Infrastructure(ACI)』の可能性を高めることに役立つだろう」と述べている

 EmbraneのチームはCiscoのInsieme事業部門に加わる。同部門はCiscoが2012年にSDNベンダーのInsiemeを買収したことで生まれ、その後Memoir Systemsなどの買収によって強化されてきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]