編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ニフティクラウド、法人向けに7つのサービスと機能強化

NO BUDGET

2015-06-24 18:15

 ニフティは6月24日、同社が提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」において、7つのサービスと機能を強化すると発表した。いずれも同日から提供を開始する。

 今回のサービスと機能強化によって、既存のオンプレミス環境からの大容量データ移行のハードルを下げる。より低コストで効率的なシステムの運用を実現し、企業システムのクラウド移行を支援していくとしている。

低価格化したストレージ「標準ディスク」

 具体的には、「標準ディスク」を新たに提供開始し、これまで提供してきた「Disk200」と比べて40%の価格で利用できるようにする。なお、Disk200は今回、名称を「高速ディスク」と改めており、汎用的な用途やバックアップには「標準ディスク」、高いI/O性能が求められる場合は「高速ディスク」と使い分けられるようにする。標準ディスクの料金は、月額100GBで2000円、あるいは1時間あたり3円(いずれも税別)。

オンプレミスからオフラインでのデータ転送サービス「ディスク受取サービス」

 「ディスク受取サービス」は、ニフティが用意する記憶媒体に顧客側でデータを格納し、送付することで、インターネットを介することなく直接ニフティクラウドのストレージ領域へ転送するサービスだ。

 オンラインでの大容量データの移行は非常に時間がかかるだけでなく、ネットワークに対して大きな負担がかかるが、本サービスによりネットワークに影響を与えることなく大容量データを高速で転送できる。料金は1記憶媒体あたり2万5000円(税別、容量は2TBまで)。

最新版「Red Hat Enterprise Linux 7」対応

 Red Hat Enterprise Linuxの最新版「Red Hat Enterprise Linux 7」の提供を開始する。なお、ニフティクラウドでは、顧客が保有する「Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション」のOSイメージをVMインポートによりニフティクラウドに持ち込めるサービス「Red Hat Cloud Access」に対応しているが、こちらもRed Hat Enterprise Linux 7の持ち込みが可能になる。

 料金は、mini/small/medium/largeが月額6700円あるいは1時間あたり12円/時、xlarge/wlargeが月額1万4700円あるいは1時間あたり25円としている。

「ロードバランサ」の一部値下げと料金プランの追加

 ロードバランサにおいて、最大で約33%の値下げを実施する。また、13の料金プランを追加し、より柔軟な利用を可能にする。

「Cent OS 7」と「Ubuntu 14.04」の提供

 ニフティクラウドの対応OSとして、Cent OSとUbuntuの最新版「Cent OS 7」と「Ubuntu 14.04」の提供を開始する。

「マルチアカウント」のエンジニアリングパーツ対応

 操作範囲に制限を持たせたアカウントを作成できる機能「マルチアカウント」の制御対象を、従来のIaaSに加えて「RDB」や「DNS」などのエンジニアリングパーツに拡大する。

新コントロールパネルにネットワーク構成を可視化し操作できる機能を追加

 新コントロールパネルにて、サーバのネットワーク構成を可視化し、操作できる機能を提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]