編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、「Spark for Azure HDInsight」のパブリックプレビュー版を公開

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-13 10:20

 Microsoftは米国時間7月10日、「Apache Hadoop」をベースにした同社のクラウドサービス「Azure HDInsight」上で「Apache Spark」を稼働させる、「Spark for Azure HDInsight」のパブリックプレビュー版を公開した。Spark for Azure HDInsightは、Sparkのダッシュボードで採用されているユーザーインターフェースを統合している。また、「Jupyter」や「Apache Zeppelin」のノートブックに対するサポートを組み込むとともに、ブラウザ環境からPythonやScalaの(それぞれの)コードを作成できるほか、Sparkのデータを操作したり、検索したり、可視化するためのSQLのクエリを発行できるようにもしている。


Spark for Azure HDInsightによるノートブックのサポート

 またMicrosoftは、同社の「Power BI」サービスとSpark for Azure HDInsightを直接統合し、7月24日から一般提供を開始すると同日付けで発表した。

 新たに提供されるPower BIでは、ユーザーはその他のデータサービスやクラウドサービスと同様にSpark for Azure HDInsightを選択し、データセットを作成できるようになる。


Power BIのデータソースとしてSpark for Azure HDInsightを利用

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]