編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、「Cortana Analytics Suite」を発表--「Azure」サービスと「Cortana」を統合

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-14 10:30

 Microsoftは米国時間7月13日、フロリダ州オーランドで同日から開催されているイベント「Worldwide Partner Conference 2015」(WPC 2015)で、「Cortana Analytics Suite」という新たなサブスクリプションサービスを2015年秋に提供する計画だと発表した。このサービスは、「Cortana」をフロントエンドとして、同社の複数のクラウドサービスをスイートとしてまとめたものだ。

 同スイートに含まれることになるそれぞれのサービスはすべて、現時点で一般提供されているか、プレビュー版が提供されている。こうしたサービスには「Power BI」や「Azure Machine Learning」「Azure HDInsight」(「Azure」上で「Apache Hadoop」を利用できるサービス)、「Azure Stream Analytics」「Azure Data Lake」「Azure SQL Data Warehouse」「Azure Data Factory」「Azure Data Catalog」「Azure Event Hubs」に加えて、「Project Oxford」における顔認識や画像解析、音声認識/合成、自然言語理解のコンポーネント群もすべて含まれている。

 また、同スイートのコンポーネント上で動作する、あらかじめ定義された分析シナリオも提供される。これにはリアルタイムリコメンデーションや予測、不正検知、予防保守、チャーン(顧客離れ)予測が含まれる。なお、開発者や顧客は、同社のバーチャルパーソナルアシスタントであるCortanaを通じて同スイートとやり取りできるようになる。

 Microsoftは、同スイートに含まれる各コンポーネントを独立したサービスとして提供し続ける予定だ。

 Microsoftによると、同スイートの主なターゲットはエンタープライズ向けの開発者だという。

 価格やラインセンスに関する情報は、今後発表されることになる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]