編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、7月分のCritical Patch Updateを公開--セキュリティフィックスは193件

ZDNet Japan Staff

2015-07-15 15:11

 Oracleは米国時間7月14日、2015年7月分のCritical Patch Updateを公開した。

 このたびのアップデートでは193件のセキュリティフィックスが提供され、「Oracle Database」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Hyperion」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Supply Chain Suite」「Oracle PeopleSoft Enterprise」「Oracle Siebel CRM」「Oracle Communications Applications」「Oracle Java SE」「Oracle Sun Systems Products Suite」「Oracle Linux and Virtualization」「Oracle MySQL」など、多くの製品ファミリに影響する。影響を受ける製品の詳細はCritical Patch Updateのページで確認できる。

 「Oracle Database」を対象としたフィックスは10件で、リモートから認証なしで悪用可能な脆弱性も2件修正されている。最も深刻な脆弱性のCVSS基本値は、「Windows」に影響するものが9.0、LinuxとUNIXに影響するものが7.5だった。この脆弱性(CVE-2015-2629)は、データベースのJava VMコンポーネントに存在した。

 また、このたびのアップデートでは、「Oracle Java SE」のフィックスも25件含まれている。修正された脆弱性のうち23件は、リモートからの認証なしでの悪用を誘発する恐れがある。先ごろ攻撃が報告された、ユーザーが気がつかないうちにコンテンツがダウンロードされるドライブバイダウンロードを利用するというゼロデイ脆弱性(CVE-2015-2590)も修正されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]