編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、セールスゲーミフィケーションのIncent Gamesを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-04 10:22

 Microsoftは米国時間8月3日、Incent Gamesを買収したと同社ブログで発表した。テキサス州オースティンに拠点を置くIncent Gamesは、セールスゲーミフィケーション(営業のゲーム化)プラットフォームを手がける企業。買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 Incent Gamesの中核製品「FantastySalesTeam」は、顧客関係管理(CRM)の採用を促すものだ。今回のブログ記事によると、Microsoftは「Dynamics CRM」製品群にFantasySalesTeamを統合する計画だという。


 またMicrosoftは、同社内でFantasySalesTeamを統合できる他の分野を模索する計画だと述べるとともに、Microsoft以外のCRMプラットフォーム上でFantasySalesTeamを使用している顧客に対するサポートも継続するとしている。

 Microsoftは7月、企業向けフィールドサービス管理を手がけるFieldOne Systemsを買収している。Microsoftは、FieldOneが提供する機能をDynamics CRM製品や、さまざまな「Office」関連製品に統合する予定だという。

 MicrosoftのDynamics CRM事業と統合基幹業務システム(ERP)事業は、最近実施された組織再編により、クラウドとエンタープライズの部門に統合されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]