「Google Cloud Storage」、磁気テープやHDDからデータ入力可能に--まず北米から

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年08月26日 10時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Google Cloud Storage」のユーザー向けに、郵便を利用して磁気テープやHDDからデータを入力できる新たなサービス「Offline Media Import/Export」の提供を開始した。

 磁気テープやHDD、USBドライブなどの物理メディアに大量のデータを保管している企業や、低速または高価なネットワーク接続を利用している顧客にとっては、このサービスは便利なものになるだろう。

 このサービスは、Amazonが2009年から提供している似た名称のサービス「Import/Export」に近い。このサービスでもストレージデバイスをAWSに送付するが、こちらはテープは利用できない。AWSはこのデータを「Amazon S3」に入力し、デバイスを返送する。

 Googleの新サービスではやや異なるアプローチを取っており、この入力プロセスを処理するためにサードパーティー企業と提携している。北米ではすでに、アーカイブを手がける企業Iron Mountainとの協力でサービスが開始された

 Iron MountainはGoogleが7月にスタートしたストレージサービス「Nearline」のパートナーでもある。Nearlineは、AWSの低価格アーカイブサービス「Glacier」に対抗するもの。

 Iron Mountainは当時、Googleと協力して、ディスクやテープからNearlineにデータをアップロードする「オフラインデータ取り込みサービス」の開発を進めていると発言していた

 しかし、今回Googleがスタートしたサービスでは、顧客はNearlineだけでなく、「Standard」や「Durable Reduced Availability」も選択することができる。

 顧客には、サービスプロバイダーにデータを送付する前に、データを暗号化することが推奨されている。

 暗号化されたデータは高速ネットワーク経由でGoogle Cloud Storageにアップロードされるが、Iron Mountainはコンプライアンス対応が必要な顧客向けに、証拠保管の継続性を保証することもできる。顧客は送付したハードディスクを返送させるか、サービスプロバイダー側で破壊させるかを選択でき、Iron Mountainの場合、同社の倉庫で保管することもできる。

 このサービスは、欧州やアジア太平洋地域でも近い将来利用できるようになる予定だ。

 Googleは価格についての情報は明らかにしておらず、価格は取り扱いパートナーによって設定される可能性が高い。Offline Media Import/Exportの製品ページには、Googleはサービスプロバイダーについては直接関与しない立場をとり、その活動には責任を負わないと記述されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算