編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

インテル、ビッグデータ関連企業BlueDataに投資--業務提携も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-26 10:16

 Intelは米国時間8月25日、ビッグデータ関連企業であるBlueDataへの投資と、同社との提携を発表した。BlueDataは、ビッグデータのデプロイメントのための仮想化技術を手がけている。

 BlueDataのソフトウェアプラットフォーム「EPIC」を利用することで、企業は仮想環境内に「Apache Hadoop」や「Apache Spark」のクラスタを構築できるようになる。仮想化ツールとビッグデータツールを組み合わせることで、理論的にはデータセンターにおけるデプロイメントを容易に実現できるようになるはずだ。

 両社の提携は、BlueDataの2000万ドルの投資ラウンドの一環である。また、Intel Capitalからの投資条件に従い、Intelのソフトウェア部門のゼネラルマネージャーであるDoug Fisher氏がBlueDataの取締役会に加わる予定だ。

 なお、IntelはClouderaとも提携しており、Apache Sparkプロジェクトにも貢献している。

 今回の提携により、BlueDataは同社のソフトウェアを「Xeon」プロセッサをベースにしたIntelのアーキテクチャに最適化する。またIntelは、BlueDataによるソフトウェアのマーケティングを支援するとともに、共同顧客を開拓したり、エンジニアリング上のノウハウを提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]