編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

セールスフォース、「Service Cloud」を刷新へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-09-02 15:40

 Salesforceは、コネクテッドデバイスから大量に送られてくる顧客サービス案件を処理し、担当者に有用な情報をタイムリーに提供するため、「Service Cloud」を刷新する。

 Salesforceは自社の各種クラウドを改良しようとしており、Service Cloudの大規模改修はこれで2回目となる。同社は8月、「Lightning」インターフェースによって再設計された「Sales Cloud」を10月に提供すると発表していた。新しいインターフェースになったService Cloudの一般提供は、2016年2月に開始される予定だ。

 Salesforceは、自社クラウドの次世代の体験を実現する技術の開発に、2015年の多くを費やした。たとえば、「Wave」プラットフォームでアナリティクス分野に進出し、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)市場への取り組みを推し進めたほか、金融サービスなど、さまざまな業界向けのクラウドを発表している。

figure_1

 Service Cloudプロダクトマネジメント担当シニアバイスプレジデントのLarry Robinson氏によると、顧客サービス担当者がモバイルデバイスから洗濯機、乾燥機、自動車まで、あらゆるモノから寄せられる案件を処理し、適切な担当者に回さなければならなくなる未来に向けて、同プラットフォームの準備を進めているという。Robinson氏は、「これはサービス部門が検討しなければならない極めて大きな変化だ」と述べた。問題は、企業が新しい顧客サービスチャネルへの対応に苦慮していることだ。

 Service Cloudは、「サービス担当者の体験を一新」することで、担当者が処理できる作業量を増やし、アナリティクスの利用によってさらにスマートなサービス提供を可能にすることを目指している。

 Service Cloudのインターフェースには、2つの重要なコンポーネントがある。1つは、生産性ツールとインテリジェントな案件手配機能を利用して、あらゆるチャネルの案件に対応する新たな 「Lightning Console」だ。刷新されたService Cloudの2つめのコンポーネントは、経営者とサービス担当者向けのアナリティクスアプリ「Service Wave Analytics」。これは作業中のサービス担当者に適切なタイミングでデータを提供できるように設計されている。

 統合アナリティクス機能の画面:

figure_2
figure_3
figure_4
figure_5

 顧客サービス担当者向けのService Cloudツール:

figure_6
figure_7

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]