ヴイエムウェア、ソフトウェア定義データセンターの新ソリューション発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年09月02日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データセンターの技術は、ゆっくりではあるが、ハードウェアベースからその多くをソフトウェアベースとするモデルに移行している。VMwareもこの流れに加勢する企業の1社だ。

 IntelやCisco、EMCの行く末を案じるのはまだ早い。ハードウェアあってこそのデータセンターやクラウドであることはVMwareもよくわかっている。しかし、仮想マシン(VM)技術がサーバ分野に衝撃を与えたように、ソフトウェア定義ネットワーク(Software Defined Network:SDN)やソフトウェア定義ストレージ(Software Defined Storage:SDS)がネットワークやストレージハードウェアの売り上げに影を落とし始めているのも事実だ。

 これを裏付けるべく、VMwareも米国時間8月31日の報道発表の中で、Research and Marketsによる調査結果を紹介している。SDDC市場は2015年の217億8000万ドルから、2020年までには771億8000万ドルに成長すると予想されるという。

 同社は、ソフトウェア定義データセンター(Software-Defined Data Center:SDDC)分野の以下の製品群を発表した。

  • VMware vRealize Operations 6.1--プライベートクラウドからの移行や、ハイブリッドクラウド向けのテクノロジの導入を進める企業に向けて、一貫性のある管理フレームワークを提供できるように設計されている。新しいIntelligent Workload Placement機能により、VMware vRealize Operationsはユーザー固有のIT/ビジネスニーズとワークロードとの整合化を図り、最適な配置ロケーションを提案してくれる。さらにProactive Rebalancing機能により、継続的にこれらのニーズを満たすこともできる。またOSとアプリケーションのモニタリングをVMware vRealize Operationsでネイティブに行えるほか、予測分析の活用により、統合的な自己学習管理ソリューションを介してインフラおよびアプリケーションスタックでの障害を先行して特定し、事前回避も可能になる。
  • vRealize Log Insight 3--新機能として、1秒間に収集できるメッセージ数が2倍の1万5000に向上したほか、クラスタリングにより耐障害性が改善された。また、新たなチャートオプションやクエリスナップショットによる分析機能の強化や、VMware vRealize Operationsとのより密な統合、ビッグデータ処理によるクエリ性能の向上も含まれている。
  • VMware Integrated OpenStack 2--OpenStack Kiloを基盤としている。VMware Integrated OpenStackはvCloud Air Networkプログラムを通して、サービスプロバイダ向けにも提供される予定。
  • VMware Site Recovery Manager 6.1--VMware NSX 6.2との統合により、ITチームによる仮想ネットワークの活用を促し、ディザスタリカバリ管理の効率化と、SDDC環境でのリカバリの加速化を実現する。また、Cross vCenter vMotionのサポートにより、サイト間でのVMの大規模なライブマイグレーションを管理でき、ダウンタイムの無い災害回避やデータセンタ移行を可能にする。VMware vSphere Storage Policy Based Managementとの相互運用も可能だ。EMC VPLEX、IBM San Volume Controller、Hitachi Virtual Storage Platformを含むクラスタソリューションへのサポートも提供予定。
  • VMware vSphere APIs for IO Filtering--Asigra、EMC、Infinio、PrimaryIO、サムスン、SanDisk、StorageCraftなどのエコシステムパートナーが、サードパーティー製のソフトウェアベースサービスとしてレプリケーションやキャッシングなどを提供できるようにする。これらのデータサービスはvSphereに完全統合され、vSphereのすべてのSoftware-Definedストレージサービスの管理と同じvSphere Storage Policy-Based Managementのフレームワークで管理される。
  • VMware NSX 6.2--企業は、ディザスタリカバリの際のアプリケーションの継続性や、複数のデータセンタ間でのリソースの効率的な活用を可能にするメトロプーリングを実現させることができる。NSXでは、リカバリタイムの目標短縮値が最大80%となっている。物理インフラとより密に統合ができるようにもなった。
    •  多くがまだ発展途上の技術であることにVMwareが触れていないことに注意されたい。機能するかと問われれば答えは「イエス」だろうが、VMwareエンジニアによる多くの支援を受けずに機能させられるかは、別の問題である。

      この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算