調査

英国の働きがいのある職場:Facebookがトップ、Googleは25位に--Glassdoor発表

Jack Schofield (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年09月08日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 就職サイトのGlassdoorが、報酬と労働条件の点からみた英国の働きがいのある職場のランキングを発表した。ベスト25社の中のトップに選ばれたのはFacebookで、25位はGoogleだった。Microsoftは上位25社から漏れた格好だ。

 Glassdoorのリストの多くを占めたのが技術とビジネスコンサル系の企業だ。トップ4社中3社(1位のFacebook、3位のMediaMath、4位のEqual Experts)が首都ロンドンにオフィスがある。

 このほか、16位のMcKinsey & Co、17位のMicrosoftのSkype、そして25位のGoogleもロンドンに拠点を持つ。

 しかし、ロンドンに拠点のない企業も入っている。たとえば、2位のJive Softwareはレディング(イングランド南東部バークシャー)、5位のAOはボルトン(イングランド北部グレーター・マンチェスター)、6位のInformaticaはメイデンヘッド(イングランド南東部バークシャー)、7位のSoftcatはマーロー(イングランド南東部バッキンガムシャー)、10位のSalesforceはステインズ(イングランド南東部ミドルセックス)、18位のNewton Europeはアビンドン(イングランド東部オックスフォードシャー)、19位のNew Voice Mediaはベイジングストーク(イングランド南岸にあるイングランド・ハンプシャーのタウン)、20位のNetBuilderはウィガン(イングランド北部マンチェスター)にある。

 Glassdoorの働きがいのある職場ランキングは、単に報酬だけを評価基準にしたのではない。従業員の中には、家族向けのヘルスケア、無料の社食、有給休暇、オフィスにあるコンピュータゲーム、温泉などの福利厚生への評価も見られた。あるFacebookの従業員は、無料の食事(朝食、昼食、夕食が無料)、健康的な労働環境、すばらしい社風を評価していた。


提供:Glassdoor

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算