編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

英国の働きがいのある職場:Facebookがトップ、Googleは25位に--Glassdoor発表

Jack Schofield (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-08 11:19

 就職サイトのGlassdoorが、報酬と労働条件の点からみた英国の働きがいのある職場のランキングを発表した。ベスト25社の中のトップに選ばれたのはFacebookで、25位はGoogleだった。Microsoftは上位25社から漏れた格好だ。

 Glassdoorのリストの多くを占めたのが技術とビジネスコンサル系の企業だ。トップ4社中3社(1位のFacebook、3位のMediaMath、4位のEqual Experts)が首都ロンドンにオフィスがある。

 このほか、16位のMcKinsey & Co、17位のMicrosoftのSkype、そして25位のGoogleもロンドンに拠点を持つ。

 しかし、ロンドンに拠点のない企業も入っている。たとえば、2位のJive Softwareはレディング(イングランド南東部バークシャー)、5位のAOはボルトン(イングランド北部グレーター・マンチェスター)、6位のInformaticaはメイデンヘッド(イングランド南東部バークシャー)、7位のSoftcatはマーロー(イングランド南東部バッキンガムシャー)、10位のSalesforceはステインズ(イングランド南東部ミドルセックス)、18位のNewton Europeはアビンドン(イングランド東部オックスフォードシャー)、19位のNew Voice Mediaはベイジングストーク(イングランド南岸にあるイングランド・ハンプシャーのタウン)、20位のNetBuilderはウィガン(イングランド北部マンチェスター)にある。

 Glassdoorの働きがいのある職場ランキングは、単に報酬だけを評価基準にしたのではない。従業員の中には、家族向けのヘルスケア、無料の社食、有給休暇、オフィスにあるコンピュータゲーム、温泉などの福利厚生への評価も見られた。あるFacebookの従業員は、無料の食事(朝食、昼食、夕食が無料)、健康的な労働環境、すばらしい社風を評価していた。


提供:Glassdoor

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]