海外コメンタリー

人工知能「IBM Watson」は何に使われているのか?

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年09月30日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IBM Watson」がスーパーコンピュータか、認知計算システムか、単なる質問回答マッチングシステムかはさておき、これはおそらく現在実際に利用されている中でもっとも有名な人工知能だろう。

 Watsonは米国のクイズ番組「Jeopardy!」の回答者やホームシェフといった、やや卑近な使われ方で有名だが、実際にはさまざまな業界で非常に多くの実用的なアプリケーションに利用されている。

 この記事では、Watsonが成果を上げつつある、タイプの異なる5つの事例を紹介したい。

1.医療

 医療分野は、Watsonが大きな成果を上げる可能性が高い分野だ。まずWatsonは、米国のがん治療で有名な3つの病院(メモリアルスローンケタリングがんセンター、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター、メイヨークリニック)でがん研究や治療の補助に使われている。がん研究の領域では、Watosonはがん患者のDNA分析の速度を上げ、治療をより効果的なものにするために利用されている。

 外科医はWatsonを診断の補助に利用している。「schEMA」と呼ばれる皮膚科医療アプリケーションは、医者が患者のデータを入力できるようになっており、自然言語処理機能を使用して、可能性のある症状と処置を特定するのを助ける。さらに、Watsonは視覚認識によって、医者がレントゲン写真やMRIなどのスキャンデータを読み取り、潜在的な病気を絞り込む作業を支援している。

 また、Watsonは獣医学の分野でも利用されている。

2.金融

 金融業界では、Watsonの質疑応答機能が主に利用されることが多い。またWatsonは、単に質問に回答するだけでなく、それらの質問を分析することで、財務見通しを得たり、金融リスクの管理を支援したりすることができる。

 オーストラリアでは、ANZ Global Wealthが後者のためにWatsonを使用している。同社は顧客の質問の観察と処理に、自然言語処理SaaSである「Watson Engagement Advisor Tool」を使用している。同様に、シンガポールの銀行DPSでも、Watsonを使用して同社の資産管理事業の顧客が適切なアドバイスや体験を受けられるようにしている。

3.法務

 法務に関しては、大抵の人が答えよりも多くの質問を持っているはずだ。ROSS Intelligence Inc.などのスタートアップ企業は、Watsonを利用して、法律に関する差し迫った質問への回答をより簡単に得られるようしている。

 ROSSのウェブサイトによれば、ユーザーが英語で質問をすると、このアプリはWatsonの自然言語処理機能を利用してその質問を理解し、データベース全体を検索して、関連する法令の条文と共に回答文を引用して返すようになっている。ROSSには、関連法令に改正がないかを監視し、改正が生じた場合は警告を送る機能もある。

 シンガポールの内国歳入庁も、法律上の質問に回答するためにWatsonを使っており、利用者からの税金に関する質問に回答させている。

4.小売

 現代のオンライン小売店でもっとも重要なのは、個人に合わせた体験を提供することだ。「Natural Selection」はSellpointsが作成したアプリで、Watsonの自然言語処理機能を利用して、購入サイクルのもっとも適切な場面で顧客に製品を提示する。これは、オンライン小売店でコンバージョンに至るまでのクリック数を減らすのに役立つ。

 Watsonはオンライン旅行代理店でも利用されている。旅行代理店のWayBlazerが作った「Discovery Engine」は、Watsonを利用してデータの取り込みと分析を行い、オプションツアーの提案や、個々の顧客の嗜好に合わせたカスタマイズを行っている。

5.ファンタジーフットボール

 ファンタジーフットボールは、NFLの全選手から好きな選手を選んで仮想チームを編成し、その選手が実際の試合で上げた成績に応じて加算されるポイントを競う遊びだ。IBM Watsonの利用事例としては不思議に思えるかも知れないが、仮想スポーツでは利用できるデータが大量にある。Edge Up Sportsは、ファンタジーフットボールのファンがシーズン中にチーム編成を行うのを支援するためのプラットフォームを持っており、Watsonを使用してNFLのデータを分析している。分析対象のデータは、チームに関するニュースや、個々の選手のツイートなどだ。このシステムは、WatsonのAPIと「IBM Watson Personality Insights」を利用して、ファンタジースポーツのためのデータ分析を合理化している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化