編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
三国大洋のスクラップブック

グーグルとトヨタが交錯する時-- ロボットカーをめぐるさまざま動き

三国大洋

2015-09-12 07:30

 米国時間9月4日に、トヨタ自動車が米国でMIT(マサチューセッツ工科大学)、スタンフォード大の2校と提携して、人工知能活用の研究に乗り出すことになった、というニュースが流れていた。

 日本を代表する企業のことだけあって、すでにいろんなところで報じられているようなので、詳しいことはここでは割愛するが、「(あのGoogle Car誕生のきっかけにもなった)DARPA Robotics Challengeの責任者をトヨタが確保した」などとして米媒体でもわりと大きな話題になっていた(詳しいことが知りたい方は下記のページなどをご覧いただきたい)。

 このニュースで個人的にまず興味深かったのは、普段よく目にする媒体で長らくシリコンバレーの動きをカバーしてきた記者連中がこの話題を取り上げている、というところ。例えば、The NewYork Timesではパソコンの黎明期からテクノロジ分野を追いかけてきている大ベテラン(おそらくNYTでも最古参のひとり)のJohn Markoffがこれに関する記事をまとめている。

 もっともMarkoffはここ1年あまりの間ずっとロボット=AI関連の動きを追っかけていて、8月下旬にはその結果をまとめた『Machine of Loving Grace』という題名の人間とロボットの関係を考察した書籍も出していたくらいなので、そんな人物がトヨタのこのニュースに反応するのは至極当然とも思われる――そういえば、GoogleでAndroidの責任者を外れたAndy Rubinが、Schaft(東大発のベンチャー)など複数のロボット関連企業を買収していたことを最初に伝えたのもこのMarkoffだった。

 それに対し、Re/code(元のAllThingsD、現在はComcast=NBC Universalの関連企業)では、Ina Friedがこの話題を記事にしていた。Friedは、その昔CNETに在籍していたころからMicrosoftやAppleの話題を一貫して扱ってきた記者――つまりロボットカーもそういったものの延長線上にある技術というとらえ方をされているということだろうか。

 ただ、「自動車は究極のモバイル端末」などと口にしていたJeff Williams(Apple業務責任者)の発言を思い起こせば、そうしたとらえ方があったとしても一向に不思議ではないが。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]