「MS Office」、「iPad Pro」での利用は有料--ArsTechnica報道

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ) 2015年09月28日 10時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ArsTechnicaのおかげで、「Microsoft Office」の「iPad Pro」向け価格設定に関する説明が米国時間9月22日に広まった。その要点は、Officeを使って無料で文書の作成や編集ができる現行の「iPad」と違って、iPad Proのユーザーは「Office 365」の契約料を支払う必要があるというものだ。

 無料か有料かの根拠は画面サイズにあり、Microsoftは以前からスタンスを変えていない。つまり、これは驚くには値しないというわけだ。

 ベースとなるモバイルプラットフォームに関係なく(そう、これはAppleの「iOS」とGoogleの「Android」の両方に当てはまる)、Microsoftは10.1インチ以下の画面を搭載したハードウェアをモバイル機器と定義している。

 Microsoftが2014年11月に、iPadと「iPhone」の両方を含むiOS機器にOfficeを無料で提供できたのは、そのためだ。9.7インチの画面を搭載する現行モデルのiPadは、Microsoftが定義するモバイル機器の基準に合う。だが、12.9インチのディスプレイを搭載するAppleのiPad Proは、明らかにこの基準を満たしていない。

 Office 365の契約が必要になるが、年額99.99ドルまたは月額9.99ドルで最大5台のPCまたはMac(iPad Proはそのうちの1台とみなされる)で「Office 365 Home」を利用できることを考えれば、損な契約ではない。この価格には、1テラバイトの「OneDrive」ストレージも含まれる。

 複数台の機器ではなくiPad ProでのみOfficeを利用したい場合は、年額69.99ドル(または月額6.99ドル)のプランを検討すればいい。

 「Office 365 Business」を契約していてOfficeを利用する権利がある企業の場合は、iPad Proも対象となる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算