AMD、第3四半期は26%の減収--南通富士通微電子との合弁事業も発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年10月16日 11時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDが10月、利益について警告し、レイオフを発表したことを受けて、投資家は同社の第3四半期決算を用心深く注視していた。

 AMDが米国時間10月15日に発表した第3四半期決算(9月26日締め)は極めてひどいものではなかったが、素晴らしいものでもなかった。

 同社の第3四半期の純損失は1億9700万ドル(1株あたり25セント)だった。

 非GAAPベースの売上高は前年同期比26%減の10億6000万ドルで、1株あたり損失は17セントだった。

 ウォール街の予測は、売上高が9億9600万ドル、1株あたり純損失が12セントだった。

 AMDの最高経営責任者(CEO)を務めるLisa Su氏は、同社が長期的な業績を向上させ、ビジネスモデルを改善するための措置を継続的に講じていることをあらかじめ用意したコメントで述べた。

 「われわれのバックエンド製造資産の合弁会社設立は、これらの目標の達成と当社の財務体質強化に向けた重要な一歩だ」(Su氏)

 Su氏が言及している合弁会社は、中国のテクノロジ企業である南通富士通微電子(NFME)との合弁会社のことだ。AMDは、マレーシアのペナンと中国の蘇州にある工場と従業員をNFMEの半導体組立受託事業と統合する。NFMEが合弁会社の85%を保有し、AMDは3億7100万ドルの現金を得ることになる。

 AMDの第3四半期決算の部門ごとの内訳は以下の通りだ。

  •  コンピューティング、グラフィックス部門:売上高は前期比で12%増加したが、前年同期比では46%減となった。これについて、AMDはクライアント向けプロセッサの売り上げ低下が主な原因だとしている。
  •  エンタープライズ、組み込み、セミカスタム部門:売上高は前期比で13%増加したが、前年同期比では2%減となった。これについて、AMDは組み込み製品とサーバプロセッサの売り上げ低下が主な原因だとしている。
  •  2015年第4四半期について、AMDは売上高がさらに10%減少すると予測している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算