編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

「Windows 10」次期アップデートではアクティベーションが容易に?

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-10-19 06:15

 「Windows 10」の最新プレビュー版には、アクティベーションに関するある問題を解決するための新機能が含まれている。この変更が11月に予定されている一般リリースに盛り込まれれば、「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」のプロダクトキーを使用して、Windows 10をクリーンインストールできるようになる。

 Windows 10が米国時間7月29日にリリースされて以来初の公式の大型アップグレードとなる「Threshold 2」のリリースが11月に予定されている。この新ビルドのプレビュー版は、9月からWindows Insider Programのメンバーに提供されているが、Threshold 2の最新のプレビュー版(ビルド10565)には、ある嬉しい修正点が含まれていた。

 この新ビルドでは、インストールしようとするデバイスで使われていたWindows 7、Windows 8、Windows 8.1の各エディションのプロダクトキーを使って、Windows 10をクリーンインストールできるようになったのだ。(筆者がテストしてみたところ、少なくともこのビルドでは、アップグレードの対象である過去のどのバージョンのプロダクトキーでも、Windows 10のクリーンインストールが可能になっていることが分かった。詳細についてはこの記事の末尾を参照してほしい。また、この機能は今のところWindows Insiderのプレビュービルドでしか利用できず、既存バージョンのWindows 10は未対応であることに注意してほしい)。

 背景について少し説明しよう。MicrosoftはWindows 10の最初のリリースで、アクティベーションのルールを大きく変更し、大抵のアップグレードで事実上プロダクトキーが不要になった。

 7月29日の一般リリースから採用された現在のルールでは、アクティベーション済みのPCに、簡単にWindows 10を再インストールできるようになった。これは、MicrosoftのアクティベーションサーバがユーザーのPCをハードウェアのフィンガープリントに基づいて認識し、保存されているアクティベーション記録と照合して、アクティベーション要求をオンラインで自動的に承認するためだ。

 しかしその新ルールが、新しいOSに移行する時にはクリーンインストールから始めたいというWindows純粋主義者にとっては頭痛の種になっていた。最初の一般リリース(ビルド10240)では、PCのWindows 10ライセンスをMicrosoftのアクティベーションサーバに登録するには、アクティベーション済みのWindows 7またはWindows 8.1のPCから、少なくとも1度はアップグレードインストールする必要があったためだ。1度登録されてしまえば、その後でWindows 10の各エディションをインストールする際には、ハードウェアが大きく変更されていない限り、自動的にPCがアクティベーションされる。

 最初のアップグレードの手順を飛ばした場合(多くのWindowsに詳しいユーザーはそうする)、アクティベーションにはWindows 10のプロダクトキーを入力する必要がある。1年間の無料アップグレード権にはパッケージのプロダクトキーは含まれていないため、これをやろうとすると、アクティベーションできずに行き詰まってしまうことになる。残された選択肢は、Windows 7または8.1を復元してからWindows 10にアップグレードするか、新しいプロダクトキーを購入することだけだ。


適切なキーがない場合、Windows 10のアクティベーションは失敗する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]