SAPジャパン、IoTを推進する専任組織を発足

NO BUDGET 2015年10月20日 07時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは10月19日、日本におけるIoT(Internet of Things:モノ・コトの相互接続)を活用した「第4次産業革命」を推進する専任組織「IoT/IR4(Internet of Things / Fourth Industrial Revolution)」を発足したと発表した。

 近年では、ドイツ発の「インダストリー4.0」を筆頭に、米国の「インダストリアルインターネットコンソーシアム」、また日本の「ロボット革命イニシアティブ協議会」など、IoTをテコとして製造業にあらたな競争軸をもたらす活動が活発に行われている。

 しかし、第1次~第3次までの産業革命が主に「製造業」革命であったのに対し、IoTとデジタル化がもたらすとする第4次産業革命では、製造業と非製造業の境界をなくし、あらゆる業種・業態に広範なインパクトをもたらす点で大きく異なるという。

 IoTとは「顧客観察プラットフォーム」であり、顧客による利用状況をより精緻に把握することによって、顧客のことを顧客自身よりも深く理解することが可能になるとする。一方、ERPとは「企業のデジタル・ツイン構築」のためのツールであり、企業の競争力の源となっている既存の業務プロセスをデジタルに把握しシームレスにつなげることで、より高度な企業活動を実現している。

 SAPジャパンでは、IoTによって得られる顧客理解を、デジタル化された業務プロセスとつなぐこと(IoP:Internet of Processes)により、企業は顧客の真の欲求をより高い次元で満たす、新たな競争軸を手にできるとしている。

 そこで同社では、第4次産業革命をより強力に推進し、日本企業のあらたな競争力強化に、顧客やパートナーとともに取り組む専任組織を発足させることにしたとのこと。組織は約50名で構成され、今後さらに増強していく予定。

 なおSAPジャパンでは、本年7月に「SAP Industry 4.0 Co-Innovation Center powered by COIL Tokyo」を設置し、インダストリー4.0に対する取り組みを進めてきた。今回それをさらに強化し、また対象業種も製造業に限らず全業種とすることで、日本企業が「第4次産業革命」を先んじて制するための支援を行っていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算