編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ブラウザベンチマーク対決--Windows 10の「Edge」を「Chrome」「Firefox」と比較

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-10-23 06:15

 ユーザーがウェブブラウザを使用する際に最も重視するのは、ページのロード時間を置いて他にないだろう。

 ある調査によると、ウェブユーザーの半数近くはウェブサイトの読み込み時間として2秒以内を求めているという。そしてGoogleの「Chrome」ブラウザが成功したのは、そのページ読み込み速度があったゆえと言ってよいだろう。

 Microsoftは「Windows 10」のテクニカルプレビューで3月に新ブラウザ「Microsoft Edge」を公開して以来、ページ読み込みの高速化に力を注いできている。

 同社の取り組みの成果は、われわれが5月に実施したブラウザのパフォーマンステストで既に現れていた。このテストで、EdgeはChromeに肉薄する結果を残した。

 その後の数カ月間におけるテスト版Edgeの改良により、同ブラウザは速度面でChromeを超えたのだろうか?米TechRepublictはWindows 10の最新テストビルド「Build 10565」に搭載されているEdgeと他のブラウザのパフォーマンスを比較するためのテストを実施した。

 テスト結果を見る限り、興味深いことにEdgeはかなり高速化されており、Chromeと首位をめぐってしのぎを削り、いくつかのベンチマークではEdgeが、そして他のベンチマークではChromeが首位となった。

 最初のベンチマーク群は、ウェブの世界で一般的に使用されているスクリプト言語JavaScriptの処理に焦点を当てたものとなっている。JavaScriptは今日のウェブにおいて中核をなしており、それを多用したページでは大量のスクリプトがロードされ、それらがさらに多くのJavaScriptコードをフェッチするようになっている。このため、ブラウザによるJavaScriptの処理が遅ければ、ブラウザそのものも鈍重になってしまう。JavaScriptの処理速度はそれくらい重要なのだ。

 以下では、「JetStream」と「Kraken」「Octane」というベンチマークを用いて、3種類のブラウザにおけるJavaScriptのパフォーマンスを評価している。ここで重要なのは、これらのベンチマークはMicrosoftではなく、同社のライバルが開発したものだという点だ。すなわちJetStreamはAppleによって、Krakenは「Firefox」の開発元であるMozillaによって、OctaneはGoogleによって開発されている。


JetStream 1.1によるベンチマーク結果(値は高い方が良い)

Kraken 1.1によるベンチマーク結果(値は低い方が良い、単位はミリ秒)

Octane 2.0によるベンチマーク結果(値は高い方が良い)

 興味深いことに、EdgeはJetStreamでChromeに勝ったが、KrakenとOctaneでは後れを取っている。この結果から判断すると、両ブラウザはJavaScriptの処理という点でそれぞれ違った長所を持ち合わせているようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]