編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

トレンドマイクロ、HPのTippingPointを買収へ--法人セキュリティ市場でのプレゼンスを強化

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-22 12:17

 Trend Microは米国時間10月21日、TippingPointの買収契約をHewlett-Packard(HP)と正式に締結したことを発表した。買収金額はおよそ3億ドルで、買収手続きは2015年第4四半期中に完了する予定。

 HPのセキュリティ事業部門に属するTippingPointは、侵入防御システム(IPS)や境界防御システムを専門としており、数千の法人顧客を擁している。3億ドルの買収契約には、TippingPointのセキュリティ製品群、知的財産、現状の顧客ベースに加えて、脆弱性の保護サービス「DVLabs(Digital Vaccine Labs)」と、ゼロデイ攻撃を未然に防ぐために活動するセキュリティチーム「Zero Day Initiative」の譲渡が含まれている。

 プレスリリースによると、HPがTippingPointの売却を決断した理由は、今後予定されている分社化計画に伴い、セキュリティ事業部門のリソース配分を最適化するためだという。ただし、HPは買収手続きの完了後も、ネットワーク製品やエンタープライズセキュリティなどの事業分野で、TippingPointとの戦略的パートナーシップを継続するとしている。

 一方、買収でTippingPointの製品、技術、サービスを手に入れることになるTrend Microは、エンドポイント、ネットワーク、データセンター、クラウドを網羅したワンストップソリューションの実現による、エンタープライズセキュリティ市場でのプレゼンス強化を目指している。また、同社はネットワーク防御を専門とした事業部門の立ち上げも計画しており、3500社に及ぶ企業が同事業の顧客になると見込まれている。Trend MicroのCEOであるEva Chen氏は「市場で高い評価を得ているTippingPointのIPSは、当社が提供する業界最高水準のネットワークセキュリティ製品群を補完するうえで、理想的なソリューションである」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]