編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本MSが「Surface Pro 4」発表、ワークスタイル変革の象徴に

山口健太

2015-10-24 07:00

 日本マイクロソフトは10月22日、新製品発表会を開催し、「Surface Pro 4」を発表した。10月6日に米国で発表した最新モデルで、11月12日から日本市場向けに発売する。


日本マイクロソフトがSurface Pro 4を国内向けに発表

 米国で同時発表したノートPC型「Surface Book」についても、2016年初頭に発売予定だ。Surface Bookについては価格や仕様などの詳細は公開しなかったが、発表会場に実機を参考展示した。

法人、教育機関にSurfaceの導入が進む


Surface Pro 4の発表会に登壇した日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏

日本国内の教育機関でのSurfaceシリーズの導入事例

 Surface Pro 4のお披露目に先立ち、発表会に登壇した日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏は国内におけるSurfaceシリーズの販売状況に言及。「法人向け販売は認定リセラー6社からスタートし、9社に拡大した。2000社の販売パートナーがSurfaceを販売している」と説明した。

 法人ユーザーがSurfaceシリーズを導入するメリットとしては、ノートPCとiPadなどの「2台持ち」の解消を挙げる。「1台のSurfaceに統合すれば、管理や持ち運びの負荷が下がり、利便性や生産性が向上する」(平野氏)

 教育機関での採用も進んでいるという。「沖縄県の中学校は全生徒にSurface 3を配布し、愛知県の大府市はグループ学習にも活用している。北陸先端科学技術大学院大学では250人の新入生にSurface Pro 3を配布した」(平野氏)と事例を挙げた。

 Surfaceの導入が進む背景には、ノートPCとタブレットの両方で使える「2-in-1」デバイスへの期待の高まりがあると平野氏は指摘する。「PC市場の成長は鈍化しているものの、Windows 10が登場したことで、2-in-1はさらに勢いを増すはずだ」(平野氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]