編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

日本MSが「Surface Pro 4」発表、ワークスタイル変革の象徴に

山口健太

2015-10-24 07:00

 日本マイクロソフトは10月22日、新製品発表会を開催し、「Surface Pro 4」を発表した。10月6日に米国で発表した最新モデルで、11月12日から日本市場向けに発売する。


日本マイクロソフトがSurface Pro 4を国内向けに発表

 米国で同時発表したノートPC型「Surface Book」についても、2016年初頭に発売予定だ。Surface Bookについては価格や仕様などの詳細は公開しなかったが、発表会場に実機を参考展示した。

法人、教育機関にSurfaceの導入が進む


Surface Pro 4の発表会に登壇した日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏

日本国内の教育機関でのSurfaceシリーズの導入事例

 Surface Pro 4のお披露目に先立ち、発表会に登壇した日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏は国内におけるSurfaceシリーズの販売状況に言及。「法人向け販売は認定リセラー6社からスタートし、9社に拡大した。2000社の販売パートナーがSurfaceを販売している」と説明した。

 法人ユーザーがSurfaceシリーズを導入するメリットとしては、ノートPCとiPadなどの「2台持ち」の解消を挙げる。「1台のSurfaceに統合すれば、管理や持ち運びの負荷が下がり、利便性や生産性が向上する」(平野氏)

 教育機関での採用も進んでいるという。「沖縄県の中学校は全生徒にSurface 3を配布し、愛知県の大府市はグループ学習にも活用している。北陸先端科学技術大学院大学では250人の新入生にSurface Pro 3を配布した」(平野氏)と事例を挙げた。

 Surfaceの導入が進む背景には、ノートPCとタブレットの両方で使える「2-in-1」デバイスへの期待の高まりがあると平野氏は指摘する。「PC市場の成長は鈍化しているものの、Windows 10が登場したことで、2-in-1はさらに勢いを増すはずだ」(平野氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]