編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本MSが「Surface Pro 4」発表、ワークスタイル変革の象徴に - (page 3)

山口健太

2015-10-24 07:00


Surface Pro 4

Surface Pro 4タイプカバー(日本語配列)

 専用のキーボード「タイプカバー」も新しくなった。両端の余白を詰め、キーボードの横幅いっぱいにキーを配置した。トラックパッドの表面にはガラス素材を採用、バックライトも搭載する。Surface Pro 3のタイプカバーとも互換性を持たせた。なお、発表会では展示の都合で英語版のタイプカバーが並んだが、実際に国内発売されるものは日本語配列になる。

 米国ではトラックパッドの右隣に指紋センサーを搭載したタイプカバーも発表したが、日本での提供は見送った。指紋認証は利用できないが、Surface Pro 4は赤外線カメラを搭載しており、Windows Helloの顔認証に対応する。

 デスクトップ利用を想定して、オプションでドッキングステーション「Surface Dock」も提供する。Surface Pro 3用のオプションとは異なり、専用の「SurfaceConnect」端子に接続する方式に変更した。

 Surface Pro 4の法人向け税別価格は、第6世代Core m3プロセッサ、4GBメモリ、128GB SSDの最小構成モデルが11万1800円から。ただしCore m3プロセッサは省電力性を優先したモデルだ。標準的な性能のCore i5プロセッサ搭載モデルは4GBメモリ、128GB SSDの構成が12万6800円、8GBメモリ、256GB SSDの構成が16万6800円。いずれも11月12日の発売を予定する。

 ほかにも上位機としてCore i7プロセッサモデルを提供する。16GBメモリと512GB SSDの最上位モデルは27万6800円で、12月の発売を予定する。

 いずれも法人向けモデルにはMicrosoft Officeを搭載しない。一方、コンシューマ向けモデルは「Office Home and Business Premium プラス Office 365サービス」を同梱するため、法人向けの各モデルより1万3000円程度高い価格に設定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]