マイクロソフト、法執行分野でのクラウド技術の応用に向けTASERと提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-27 10:27

 MicrosoftとTASER Internationalは米国時間10月26日、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と、TASERの法執行機関向け製品を連携させるために提携すると発表した。

 今回の提携によって、Azureクラウドインフラや「Windows 10」デバイスが、TASERの法執行機関向け製品と密接に連携できるようになる。TASERは、電気ショックを与えて相手を無力化する非殺傷武器を手がけていることで知られているが、身体装着式のカメラ製品「Axon Platform」や、データ管理ソフトウェア「Evidence.com」も提供している。

 ひとことで言えば、TASERのデジタル証拠管理システムがMicrosoftのAzure上で稼働するようになるということだ。両社は証拠の収集や、整理、検索、分析、保管といった機能も統合する計画だ。なお、Azureクラウドは米連邦捜査局(FBI)の犯罪司法情報サービス部(CJIS)のセキュリティポリシーに準拠している。

 TASERは今後、Azure上で利用可能になりつつあるアナリティクスや機械学習、視覚認識といったテクノロジを活用していく計画だ。

 TASERのAxonとMicrosoftのAzureの統合による成果は2015年第4四半期にプレビューされ、2016年第1四半期に法執行機関向けに提供が開始される予定だ。また、TASERの顧客はMicrosoftの「Azure Government」クラウドに無償でデータを移行できるようになる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]