編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
大木豊成「Apple法人ユースの取説」

「iPad Pro」登場でPC不要な時代が来るか - (page 2)

大木豊成

2015-11-30 11:30

手術室にiPad Pro

 医療の現場ではiPadがさまざまな用途で活躍している。先駆者としては、医用画像ソフトウェア「OsiriX(オザイリックス)」の開発にも携わった神戸大学 内科学講座 消化器内科学分野 特命講師の杉本真樹医学博士が有名だ。

 OsiriXは、カラーかつ3Dの医用画像をiPhoneやiPad上で閲覧できるソフトで、手術室での画像確認や、教育用途、ベッドサイドで患者に病状を説明する際などに使われている。同様に、医療現場でのiPad活用の多くは、画面の美しさ、解像度を利用したものだ。

 そのiPadの画面サイズがA4紙と同じになれば、医師の説明に対する患者の理解度が高まることが期待できる。手術室で画像を参照する際もより正確に情報を読み取ることが可能だろう。人の命を預かる医師たちにとって、情報が正しく伝わることはとても重要なことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]