編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
大木豊成「Apple法人ユースの取説」

「iPad Pro」登場でPC不要な時代が来るか - (page 3)

大木豊成

2015-11-30 11:30

SurfaceはあくまでもPCだ


iPad Proを披露するApple 最高経営責任者(CEO) Tim Cook氏

 Microsoftが3年ほど前に市場投入したSurfaceは、すでにSurface 3やSurface Pro4など、3代目、4代目が好調にリリースされている。さらには、まだ日本では発売されていないが、高スペックPCのSurface Bookという端末も出してきた。

 タブレット兼用の2 in 1というスタイルだが、Surface Proはあくまでもキーボードがあることを前提としたPCだ。最近では、MacBook Airと並んで、カフェで利用している人を見かけるようになったが、筆者はタブレット単体として利用している人に出会ったことがない。

 Windows OSという使い慣れたOSで仕事をしたい人に向いているということから、採用する企業も出始めている。また、以前からActive Directoryを使ったPC管理を手がけている場合、代替手段が分からない、という理由でSurface Proを採用している例もあった。

 PCとしての活用がメインで、タブレットはあくまでも補助的であるといい、という企業にとっては、Surface Proは大きな選択肢のひとつになり得る。タブレットとしての活用が中心になる企業とは、あくまでも活用場面が違うということが分かる。

 iPad Proの登場で、PCとの比較や置換えを議論する記事を見かけることがあるが、活用場面を考慮しない比較はナンセンスな話であり、残念な思考だと言える。iPad Pro、MacBook AirやMacBook、MicrosoftのSurface Proは、それぞれ活用場面が違う。iPad ProとSurfaceのスペック比較など何の意味も持たないということだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]