編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
仕事で使うアップルのトリセツ

WWDCで再スタートしたアップル

大木豊成

2017-06-09 08:45

 日本時間2017年6月6日の早朝2時。WWDCの基調講演が行なわれた。WWDCはAppleの開発者向け会議「Worldwide Developers Conference」の略だ。

 開発者向けにさまざまな技術説明が行なわれるのだが、基調講演で新製品、新機能などが発表されるのが、毎年報道で取り上げられ、Appleユーザーが注目しているイベントだ。ちなみに、2014年から2016年までは、主にmacOSやiOSなどOSの新情報が中心で、ハードウェアの発表は行なわれていなかった。

 しかし、今年のAppleは、iPad、MacBook Proに加えて、デスクトップ型のiMacにも新モデルを投入してきた。また、同時にmacOSとiOSのアップデートを発表したことは、現在のアップルの立ち位置に加えて、彼らの気迫が伝わってくるものであった。

 以前は、ほとんどのセッションを故Steve Jobs氏が行なっていたが、現在は最高経営責任者(CEO)のTim Coock氏と各テクノロジ、サービスの責任者が共になって会場を盛り上げている。一部のマスコミは、Cook氏の名前にかけて「Cook船長」という呼び方をしているが、今回の発表はCook船長の意気込みと本気度が感じられるものであったのだ。

Tim Cook氏がARをデモ
Tim Cook氏がARをデモ

VRを企業が導入する時代

 VR、バーチャルリアリティといえば、昨年くらいからゲームの世界で盛り上がっている。そして、少し前までは各ゲーム会社が個々に取り組んでいたところに、2017年5月には、ネットカフェのコンテンツ事業の大手テクノブラッドが、バーチャルゲートというVRコンテンツに特化したプラットフォームをスタートさせ、VRゲームを集結させたことで、さらにゲームの世界での盛り上がりが期待されるところだろう。

 しかし、一方では小売業や介護事業など、トレーニングを必要とする事業体を持つ企業の中で、VRでの教育に期待している企業は多い。コンテンツ作成やハードウェアなど初期投資は必要とされるものの、教育にかかるコストは決して馬鹿にならない。また、教育していくうえでの講師やマネージャーなどの時間と人件費と比較すると、VRを導入するほうがいい、と考える企業があるのは当然だ。

 今までVRのハードウェアと言えば、ソニーやSamsung、そして2014年、Facebookに買収されたOculus Riftが有名だが、今回のAppleの発表では、「VR」「AR」に加えて、「機械学習(Machine Learning)」「AI」という言葉が連呼されていた。ヘッドマウントディスプレイはHTC製だが、外付けGPUを加えて、現行および今回発表されたMacBook Proおよび新たに投入されたiMacを使うことで、VRコンテンツを利用する、あるいはコンテンツ作成もできるようになるのだ。

 VRコンテンツなんてとんでもないと思っていた企業が、自社内の教育用VRコンテンツを作成することで、作成までのスピードアップと大幅なコストダウンが見込めることになる。

AppleがAR開発者向けに発表
AppleがAR開発者向けに発表

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]