編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Gmail」にデータ損失防止(DLP)機能--Google Apps Unlimitedで

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-10 11:36

 Googleは「Gmail」のセキュリティ強化を目的としたデータ損失防止(DLP)機能を、一部の法人顧客に向けてリリースした。

 「Google for Work」は既に、暗号化や2要素認証、監査報告書、モバイル機器管理(MDM)など数多くの情報セキュリティ機能を提供している。

 DLP機能は、慎重な取り扱いを要する情報が権限のない人々によって使用されたり、社外に漏えいすることを防止するための追加のレイヤとして説明されている。

 「Google Apps」チームでセキュリティ、信頼、プライバシーを担当するディレクターを務めるSuzanne Frey氏は米国時間12月9日付けのブログで、DLP機能は機密性の極めて高いデータ(クレジットカード情報など)をサイバー犯罪者らから守るだけではなく、私的な電子メールを誤って「全員に返信」してしまうような状況も防止できると述べた。

 Frey氏は「GmailのDLP機能では、営業部門から送信されるすべての電子メールを自動的にチェックし、管理者によってあらかじめ指定された内容に基づいて対応するようになっている。例えば、該当電子メールを確認のために隔離したり、ユーザーに記述内容を修正するよう求めたり、該当電子メールの送信を中止して送信者にその旨を伝えるといったものが含まれる」というシナリオについて解説した。さらに「こういったチェックは電子メールの本文だけでなく、一般的な形式の添付ファイル(ドキュメントやスライド、スプレッドシートなど)のコンテンツに対しても行われる。また管理者は、キーワードやよく使われる表現を用いて、カスタム化されたルールを作成することもできる」としている。

 GmailのDLP機能は、Google Appsのプレミアムビジネスバージョンである「Google Apps Unlimited」のユーザーに対して9日から提供が開始されている。

 またGoogle for Workは2016年に「Google Drive」でもDLP機能を提供する計画だ。


※クリックすると拡大画像が見られます

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]