編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

「Google Apps for Work」の価格攻勢で巻き返しに出るグーグル--「Office 365」に対抗

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-20 10:30

 Googleがクラウドベースの生産性ツール「Google Apps」の企業向け製品となる「Google Apps for Work」を積極的にプッシュしている。大黒柱の「Google Docs」を中心に、Googleは新規顧客向けにコスト障害を取り払う。特に、他のサービスを利用中の乗り換え顧客の呼び込みを狙う。

 Googleは米国時間10月19日、他社と契約中の新規顧客向けに、実装コストの一部に加えて既存のソフトウェア契約期間中はGoogle Appsのサブスクリプション価格を免除することを発表した。

 既存のソフトウェア契約が終了すると、顧客はGogole Appsの正規料金の支払いを開始することになる。

 今回のGoogleの値下げは、Google Appsの最大の脅威であるMicrosoftの「Office 365」に照準を当てたものだ。8月、クラウドセキュリティのBitglassはOffice 365がGoogle Appsを追い越して、最大のクラウドベースのオフィス生産性ソフトウェアになったと報告した。

 500人以上の従業員を持つ企業に聞いたところ、Office 365を選ぶとした企業は34.3%、Google Appsは21.9%だった。

 規制のある業界で1000人以上の従業員を抱える企業では、2014年からのOffice 365の成長率は5%から30%と、500%の増加となっている。一方のGoogle Appsの増加率は200%だった。

 Googleの今回の値下げは、Office 365が優位となっているこれらのトレンドを減速させるかもしれない。

 Bitglassのレポートは世界約12万社を対象としたもので、このほか、Salesforce.com、Boxなどのベンダーについても調べた。

 Googleの値下げは、現時点では米国ベースの企業のみに適用される。Googleによると、他の市場にも拡大する予定という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]