海外コメンタリー

2016年、DevOpsはどうなる?--普及に向けた鍵や課題 - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年01月06日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

DevOpsが手にする機会

 DevOpsは成長を続けることで、開発や運用の話にとどまらない可能性もある。Splunkの最高テクノロジ提唱者のAndi Mann氏によると、DevOpsはITや業務における他の側面に適用できるように進化していくという。

 Mann氏は「開発と運用が合理化されるのはもちろんだが、それだけではなくデータベース管理やストレージ、ネットワーク、セキュリティにまで広がりを見せ、さらにはプロジェクト管理や戦略、マーケティングといった面にも波及していく」と述べるとともに、「現代社会ではITが業務の根幹を押さえているため、われわれすべては、IT部門だけでなくその他の部門も巻き込んで、今まで以上に迅速に立ち回り、効率的な連携を追求するとともに、より優れた結果を出す必要がある」と述べている。

 Kuthiala氏も同じ意見を有している。同氏は、DevOpsに関する作業の役割が変化を続け、セキュリティ関連のような他の分野でも「アプリのセキュリティをソフトウェア設計や開発、配備、製造サイクル内に効果的かつ効率的に取り込む方法をDevOpsに導入する」ことが必要になるだろうとしている。

 これを実現するには、DevOpsが業務にもたらす価値を証明しなければならない。こういった調査は既にいくつか出てきているが、2016年も関心が続けばさらにその数を増やし、DevOpsの立場を強固にするはずだ。Mann氏によると、DevOpsの価値を証明するには、顧客満足度やカート取得率、アプリの使用率、ユーザーのサインアップ、さらには売上といった実世界の指標を提供する必要があるという。

DevOpsを待ち受ける難関

 DevOpsを実装するうえで必要となる真の文化的変革を起こすことが、DevOpsの普及において現在考えられる最大の障壁だ。これには、ものの考え方や意思決定の方法を変革するだけでなく、サイロを破壊し、特化した役割構造をも解体する必要がある。

 Kuthiala氏は「さまざまなグループのチームメンバーは、専門化した個々のチーム目標ではなく、企業一体としての新たな目標に向かって協調し、作業していく必要がある」と述べている。

 これは、心地よいと感じている現在の環境から1歩外に踏み出す、あるいは新たなスキルを学習するといったことを意味している。そしてBittner氏によると、この文化を理解するうえでのもう1つの観点があるという。それはDevOpsがITだけに限った話ではなく、アプリの継続的デリバリへの深い関与も必要となる点に気付くことだ。というのも、アプリは多くの業務の核となりつつあるためだ。

 教育も成否を分ける難関として残り続けるだろう。これは役割がシフトし、業務において核となるリーダーが技術的な意思決定により深く関与するようになるという点を考えると特に言えることだ。DevOpsの従来型企業への浸透が2016年も続いた場合、業務部門のリーダーはDevOpsに関する企業としての基準が存在しないという驚くべき事実に直面するはずだ。

 Mann氏は「企業はInformation Technology Infrastructure Library(ITIL)や能力成熟度モデル統合(CMMI)、Control Objectives for Information and related Technology(COBIT)、シックス・シグマといった規範を見慣れている。そして、これらすべては厳格な規定を用いることで、メリットをもたらすようになっている。しかし、DevOpsはそのようになっていない。これは人と目標、評価方法、成果物に関するものなのだ」と述べている。

 DevOps自身も固有のパラメータを有してはいるが、最終的には企業自らが作り出さなければならない。DevOpsが2016年に成長するには、その価値を証明するとともに、DevOpsを導入しようと考えている企業が体験を自らのものにする必要があるのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]