編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

AWS、クラウドメールサービス「Amazon WorkMail」を一般提供

Corinne Reichert (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-06 11:11

 Amazon Web Services(AWS)が、クラウドベースの企業向け電子メールとカレンダーのサービス「Amazon WorkMail」の一般提供を開始した。2015年1月に発表されてから1年での一般提供開始となった。

 AWSで最高エバンジェリストを務めるJeff Barr氏は米国時間1月4日付けのブログで、プレビューモードが終了し、AWSの3つのリージョンで一般向けに提供を開始したと述べた。

 WorkMailは、「Windows」および「Mac OS X」上の「Microsoft Outlook」のネイティブのバックエンドサポートソリューションとして構築されたものだ。「Microsoft Active Directory」など複数の既存のディレクトリと統合でき、「Microsoft Exchange ActiveSync」プロトコルを利用して「iOS」「Android」「Amazon Fire」「Windows Phone」と同期も可能だ。

 Amazonは、WorkMailを使えば企業のIT部門は作成したメールボックスにのみ料金を払えばよく、追加のハードウェア、ソフトウェア、ライセンスを購入したり、パッチを当てたりシステムアップグレードなどの作業が不要になると売り込んでいる。「AWS Management Console」を利用して、デバイスの暗号化、ロック、パスワードや遠隔からデータを消去するリモートワイプなどの管理機能も利用できるという。

 Barr氏によると、AWSはプレビュー期間中、WorkMailにセキュリティに特化した機能をさらに加えたという。たとえば、データ暗号化のための暗号鍵を作成・管理する「AWS Key Management Service」、既存の電子メールアカウントをAmazon WorkMailに移行するマイグレーションツール、設定の効率化、リソース作成ツール、「Apple Mail」やOutlookなどOS Xクライアントのサポート、「Blackberry 10」デバイスのサポートなどが加わった。

 これに加えて、ISO 27001、ISO 27017、ISO 27018の国際規格を取得したことも発表した。

 AWSはアドレス帳、カレンダー情報、「電子メールのジャーナリング」ができるアーカイブシステムなどの相互運用性のサポートに向けて作業を進めているという。

 WorkMail上のデータはすべてSSLで暗号化されており、料金はストレージ50Gバイトで1ユーザーあたり月額4ドルとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]