編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Firefox」、SHA-1証明書のサポートを一時的に復活--HTTPSサイトのアクセスに問題

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-01-08 10:50

 ブラウザメーカーのMozillaは、一部の「Firefox」ユーザーが暗号化されたHTTPSサイトにアクセスできなくなったことを受けて、脆弱な暗号アルゴリズムである「SHA-1」のサポートを一時的に復活させた。

 MozillaはSHA-1証明書のサポート廃止が意図しない結果となったことについて、セキュリティスキャナやウイルス対策製品などの「中間者」デバイスが理由だとしている。

 MozillaのセキュリティエンジニアであるRichard Barnes氏がブログ投稿で説明したところによると、ほとんどのFirefoxユーザーは影響を受けておらず、影響を受けているユーザーもFirefoxの最新版(米国時間1月6日にリリースされたバージョン43.0.4)にアップグレードするだけで問題を修正できるという。

 Barnes氏は次のように説明している。「ユーザーがHTTPSサイトへの接続を試みると、中間者デバイスがFirefoxに対し、サーバの本物の証明書でなく新規のSHA-1証明書を送信する」

 「Firefoxは新規のSHA-1証明書を拒否するため、サーバに接続できない」(同氏)

 幸い、Mozillaのセキュリティブログ(または他のHTTPSサイト)を訪れてみれば、自分が影響を受けているかどうか確認できる。影響を受けていれば、Mozillaのサイトからブラウザのアップグレードが可能だ。

 ただし残念ながら、これはまったく予想外の事態だったわけではない。

 数カ月前から知られていたことだが、SHA-1証明書は、(Mozillaが同証明書のサポートを廃止した)1月1日から言わば警告ランプが点灯した状態になるだろうとされていた。というのも、SHA-1はいつクラックされてもおかしくない状態で、そうなればこのアルゴリズムは役に立たなくなるからだ。ほとんどのウェブサイトはすでに新しいSHA-2証明書を利用するようアップデートされている。しかし、割合としては小さいながらもかなりの数のインターネットユーザーはまだ、この先何年にもわたって利用される新しいアルゴリズムSHA-2に対応するブラウザやデバイスを持っていない。

 Mozillaは今後も引き続き、SHA-1のサポート廃止に向けて取り組んでいくと述べている。


多くの人が年始からこのような画面を目にしたはずだ。
提供:ZDNet/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]