編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MasterCardがCoinと提携--ウェアラブルデバイスでの決済を促進

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-08 10:35

 MasterCardは米国時間1月6日、コンシューマー向けEコマースを手がけるCoinとの提携を発表した。スマートウォッチやフィットネスバンドといったさまざまなウェアラブルデバイスを使った決済の実現を見据えている。

 現在、フィットネストラッカーを製造するAtlas Wearablesや、フィットネスコーチ機能を搭載したバンド型デバイスを製造するMoov、スマートウォッチのOmateがMasterCardとCoinの両社と協力し、決済可能なデバイスを開発している。

 MasterCardでデジタル決済担当シニアバイスプレジデントを務めるSherri Haymond氏は「MasterCardのこのプログラムが持つ素晴らしさは、フィットネスバンドや宝飾品、衣服、腕時計といったコンシューマーが日々使用しているものに決済機能を搭載できるという点にある」と述べている。

 「これにより、コンシューマーにとっての利便性が高まるとともに、デバイスメーカーがコンシューマーにもたらす価値を増大できる」(Haymond氏)

 Coinは、「MasterCard Digital Enablement Service」(MDES)を統合するハードウェアやソフトウェアに関する技術を提供することで、ウェアラブルデバイスに決済機能を直接組み込めるようにする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]