編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「Mac OS X」の「Gatekeeper」、依然として脆弱--研究者が実証

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-19 10:48

 Appleの「Gatekeeper」は今も悪用可能な状態にある。Synackの研究者であるPatrick Wardle氏は、同セキュリティプログラムを突破する新たな方法を示し、そのことを実証した。

 Wardle氏は2015年、未署名のプログラムが同じディレクトリに隠されている場合、「Mac OS X」のセキュリティ機能「Gatekeeper」をバイパス可能であることを明かした。AppleはGatekeeperを突破しうる脆弱性の一部を「OS X El Capitan 10.11.1」アップデートで修正したが、この脆弱性(「CVE-2015-7024」)は「Mac」マシンに今も存在する。

 Engadgetが報じたように、ワシントンD.C.で開催された「ShmooCon」セキュリティカンファレンスで講演を行ったWardle氏は、パッチを完全に適用した「OS X El Capitan 10.11.2」システムでも、依然としてGatekeeperを突破できることを明かした。

 Appleがリリースした最新セキュリティパッチは、この脆弱性を修正するというより、悪用する手段の一部をブロックするものだ。

 この問題を緩和するため、AppleはWardle氏が脆弱性のデモに使用した署名済みアプリケーションをブロックしたが(Wardle氏がShmooConでの講演中に使用した署名済みアプリケーションもブロックされたという)、これではGatekeeperを脆弱にする根本的な問題を修正することはできない。

 既知の脆弱な署名済みアプリケーションはブロックされているが、悪用できる脆弱なアプリがほかにも存在する可能性は高い。したがって、この問題はまだ解決されていないが、Wardle氏はAppleのチームと協力して、恒久的なフィックスの開発に取り組んでいると述べた。

 そのフィックスがリリースされるまでの間、Macユーザーは信頼できるアプリサイトだけを利用し、「Mac Store」からのみダウンロードを行うべきだ。これは今でも最も効果的な安全対策である。


提供:Patrick Wardle

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]