編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
大木豊成「Apple法人ユースの取説」

iPad ProとiPad miniとMacとWindowsの社内共存

大木豊成

2015-12-17 07:00

 「社内はWindowsだけ。しかもXPしか使ってはいけない」――。筆者が、10年前に聞いた言葉だ。当時はまだ、iPhoneは存在せず、筆者がいたオフィスの中にはWindows PCと各自に貸与されたフィーチャーフォン、今で言うガラケーだけだった。プリンタは有線LANでつながれており、無線LANも飛んでいなかった。

 現在、著者が属するイシンでは、いまこの記事を書いているデスクトップPCであるMac miniはもちろん、全社員のPCがWi-Fiで繋がっている。ほとんどがMacだが、業務の都合があるため、Windows PCも存在している。すべてのデータがクラウド上にあるため、MacもWindowsも関係なく仕事ができている。こういう話をすると「それは中小企業だからできるんだろう」とか、「ベンチャーだからできる」「新しい会社だからできる」と言われることが少なくないが、本当にそうだろうか。

 今回は、MacとWindowsの共存、さらにはiPadも複数のモデルを使える環境を整える手順を考えていこう。

まずは有線LANをなくそう


 2011年3月の震災を機に、デスクトップPCをなくした大企業が何社かある。震災直後に計画停電があったころ、停電で業務に支障が出ることを避けるために、ノートPCに変更し、計画停電時は電源を抜くということをやっていた企業もある。

 しかし、そういう企業でも、社内で業務を行う際に有線LANを使っているケースが多い。Wi-Fiが当たり前になっている人たちには驚きかもしれないが、意外とそういう人たちがいるのだ。

 Windows PCでも、Surfaceのように有線LANポートを持たないものが登場してきているが、Windows PCの場合は有線も想定して有線LANポートを搭載する機種が主流だ。しかし、Macのノートモデル(MacBook、MacBook Air、MacBook Pro)の場合には、かなり前から有線LANポートがなくなっており、Wi-Fiの利用が前提になっている。どうしても有線LANが必要な場合は別売りのイーサーネットアダプタを使って接続することになる。ちなみに筆者は、海外出張の際にはイーサーネットアダプタを持ち歩いているが、ここ2、3年で実際に必要になったことはない。

 社内に有線LANがないことで、いろいろと自由度が広がる。ノートPCとセットで固定席をなくすこともできるし、そもそも四角いデスクにこだわる必要性もなくなってくる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]