編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ウイングアーク、クラウド型帳票にウェブAPIなど新機能を追加

NO BUDGET

2016-02-02 10:41

 ウイングアーク1stは2月1日、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」をバージョンアップし、ウェブAPIの公開、DirectPrint機能を同日から新たに追加すると発表した。

 クラウド環境で運用する多様な業務システムやクラウドサービスと、SVF Cloudがつながり、クラウド環境の印刷データを自社内の手元のプリンタに直接印刷できるようになる。エンドユーザーは環境を意識することなく、用途に応じたハイブリッドな帳票出力環境を手軽に利用できる。


「SVF Cloud」連携図(ウイングアーク提供)

 SVF Cloudは、同社の帳票基盤製品「SVF」をクラウド上で提供する帳票クラウドサービス。クラウド基盤としてAWSを全面的に採用している。  SVF Cloudの主な機能は以下の通り。

  • テンプレートを利用し企業の帳票、ドキュメント文化に沿ったオリジナル帳票の作成が可能
  • 帳票リクエストに応じて、スケーラブルにシステムが自動対応
  • オンプレミス環境とクラウド環境を意識しないハイブリッドな印刷環境が実現可能

 今回新たに公開される機能のうちウェブAPIでは、AWSやMicrosoft Azureなどをはじめとしたクラウド環境で運用している多様な業務システムやクラウドサービスと、SVF Cloudとをつなげるようにする。クラウドアプリケーションごとに帳票システムを選択する必要がなくなり、クラウド環境におけるシームレスに連携した印刷を実現、クラウド上における帳票出力基盤として活用できるようになる。

 一方のDirectPrint機能は、クラウド環境で生成した印刷データを自社内に設定しているプリンタに接続し、直接印刷することができる機能。これまではクラウド環境と自社内のシステム環境にVPNを設定するなどの必要があったのに対し、本機能では企業内で利用しているネットワーク設定を変更することなく印刷できるため、印刷業務フローを社外での印刷を含め「いつでも」「どこでも」運用できるようにする。

 SVFで実績を持つ各プリンタメーカーのドライバを標準装備し、複合機をはじめ、ドットプリンタやラベルプリンタなど業務に特化したプリンタにもネイティブに出力が可能。クライアントツール「SVF Cloud Agent」を複数台の端末に設定することにより、1つの端末が障害を起こしても自動的にプリンタに切り替え(自動冗長化)、他の端末に入っているSVF Cloud Agentに自動的に印刷データを渡して出力できる。

 さらに、「誰が」「いつ」「どこで」「何を」印刷した、といったデータも取得でき、トレーサビリティや、セキュリティにも活用できる。

 SVF Cloudの価格は初期費用20万円+年間36万円から(税別、出力数により異なる)。同社ではSVF Cloudについて、企業のクラウド帳票印刷のデファクトスタンダードを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]