編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

革新性とともに怖さも--人工知能10の応用事例 - 3/10

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-02-21 06:30

3.統合失調症のAI

  テキサス大学オースティン校とイェール大学の研究者らは「DISCERN」というニューラルネットワークシステムに対して、いくつかのストーリーを学習させた。その際、システムはドーパミンの過剰分泌と、過学習と呼ばれる過程をシミュレートするために、詳細な学習結果の多くを忘れないように仕向けられた。するとシステムは、統合失調症のような症状を呈し、自らをストーリーの中に埋没させ始めたのだった。極端なケースでは、ストーリーの1つで起こったテロリストによる爆破事件に対して、自らの犯行を認めるまでに至った。

3.統合失調症のAI

 テキサス大学オースティン校とイェール大学の研究者らは「DISCERN」というニューラルネットワークシステムに対して、いくつかのストーリーを学習させた。その際、システムはドーパミンの過剰分泌と、過学習と呼ばれる過程をシミュレートするために、詳細な学習結果の多くを忘れないように仕向けられた。するとシステムは、統合失調症のような症状を呈し、自らをストーリーの中に埋没させ始めたのだった。極端なケースでは、ストーリーの1つで起こったテロリストによる爆破事件に対して、自らの犯行を認めるまでに至った。

提供:iStockphoto/TonisPan

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]