編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

EMCとヴイエムウェア、ハイパーコンバージド製品「VxRail」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-17 11:34

 EMCの子会社であり、コンバージドインフラ製品を手がけるVCEは米国時間2月16日、「VCE VxRail」アプライアンス製品群を発表した。同社はこれにより、ハイパーコンバージドインフラ市場においてNutanixやSimplivityといった競合との本格的な戦いに挑むことになる。

 今回の発表に先立つ10日、VMwareは「VMware vSphere」と「VMware vCenter Server」「VMware Virtual SAN」を「VMware Hyper-Converged Software(VMware HCS)」というスタックとしてまとめ、アプライアンスとして提供すると発表していた。VxRailアプライアンスファミリはこのスタックと、EMCのデータサービス機能およびシステム管理機能を組み合わせた製品だ。この製品の目的は、vSphereをネイティブなかたちで統合したソフトウェア定義ストレージを、単一製品ファミリとして、かつ単一サポート窓口で提供することだ。

 VxRail上では、レプリケーションやバックアップ、クラウドティアリングといったEMCのデータサービスを追加コスト無しで利用できる。さらに、「EMC RecoverPoint for Virtual Machines」やVirtual SAN、「VMware vSphere Data Protection」「EMC Data Domain」もすべて利用可能だ。


提供:VMware/EMC

 また、「VCE VxRail Manager」はアプリや仮想マシン(VM)、イベントの状態に関するほぼリアルタイムの通知を可能にするハードウェアアウェアネス機能を提供する。VxRailはEMCのクラウドティアリングを使用することで、「VMware vCloud Air」や「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」といった20以上のパブリッククラウドをサポートできる。また、「Virtustream」も間もなくサポートされ、アプライアンス当たりオンデマンドで10テラバイトのクラウドストレージが追加提供される。

 EMCのコンバージドプラットフォーム部門のプレジデントChad Sakac氏は今回の発表で「この新たなアプライアンスによってIT企業は、複雑さを除去し、コスト構造を圧縮する道へと踏み出せるだろう」と語っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]