編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

スマホアプリで税金支払い--NTTデータが新機能追加

ZDNet Japan Staff

2016-02-18 10:52

 NTTデータは2月17日、金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」に税公金支払い機能を追加し、提供を開始したと発表した。最初のユーザーは西日本シティ銀行で、2月22日から提供する。

 新機能は、アプリ利用者が税公金などの納付書に印刷されたコンビニ収納用バーコードをスマートフォンアプリで読み取り、簡単な操作で支払えるようにするもの。

 金融機関の顧客は、この機能を利用することで金融機関窓口やコンビニなどに行くことなく、税公金の支払いができる。また、同アプリはインターネットバンキングの契約が不要なため、アプリから必要情報を登録することですぐに利用できる。

 金融機関はこのサービスを導入することで、窓口業務の負担軽減による事務効率化を図れる。利便性の高い支払い方法を追加し、多様化させることで、税金の納付率や地域住民サービスの向上に寄与することも期待できるとしている。

 NTTデータは、金融機関が個別に開発することなく、安価で短期間にスマートフォンアプリを提供できるよう「アプリバンキング」の提供を2015年3月に開始した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]