編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

DOS時代からWindowsの黄金時代まで--ブラウザで動く古典OS

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-03-03 06:15

歴史を遡って
 われわれコンピュータと共に成長してきた世代は、大きな変化を目撃してきた。大昔の巨大なPCのタワーは、ポケットに入る大きさのスマートフォンになり、点滅するカーソルが表示されるグリーンディスプレイは4Kの液晶ディスプレイへと進化した。

 コマンドラインとの格闘や、Windowsのブルースクリーンの絶望を覚えている世代の人たちが、当時を懐かしく振り返りたいということもあるだろう。

 実は最近では、ウェブブラウザで直接実行できるエミュレータのおかげで、1980年代初期のパソコン黎明期から、1990年代終盤の「Windows」の黄金時代までを再体験し、簡単に記憶を辿ることができるようになっている。

 この記事では、ブラウザで実行できる古典的OSをいくつか紹介する。

歴史を遡って
 われわれコンピュータと共に成長してきた世代は、大きな変化を目撃してきた。大昔の巨大なPCのタワーは、ポケットに入る大きさのスマートフォンになり、点滅するカーソルが表示されるグリーンディスプレイは4Kの液晶ディスプレイへと進化した。

 コマンドラインとの格闘や、Windowsのブルースクリーンの絶望を覚えている世代の人たちが、当時を懐かしく振り返りたいということもあるだろう。

 実は最近では、ウェブブラウザで直接実行できるエミュレータのおかげで、1980年代初期のパソコン黎明期から、1990年代終盤の「Windows」の黄金時代までを再体験し、簡単に記憶を辿ることができるようになっている。

 この記事では、ブラウザで実行できる古典的OSをいくつか紹介する。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]