編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
海外コメンタリー

「ネイティブアプリvs.ウェブアプリ」という感覚を捨てよう - (page 3)

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-03-04 06:30

十分によい、では通用しない

 このあたりから筆者の見解は、Forrester Researchのモバイル開発に関する評価から外れてくる。同レポートでは「2016年以降、より多くの開発者がウェブ及びクロスプラットフォームのツールを試すようになる」と結論付けており、それ自体は真実と言える。しかしその根拠として、「彼らは『十分によい』結果を達成できることを見出し、純粋にネイティブなモバイルアプリの開発は、特にクロスプラットフォームでの開発に道を譲るだろう」という点を挙げるのは間違っていると考えている。

 世界がモバイルに向かい、コンシューマー(あるいは従業員)が抱く自社ブランドの第一印象がモバイルによるものとなるなか、「十分によい」モバイルエクスペリエンスを提供するだけでは不十分なのだ。モバイルエクスペリエンスは卓越していなければならず、さもなければ会社は過去の栄光にすがるしかなくなるだろう。

 賢明な開発者は、貧弱な根拠でウェブアプリを推進するのではなく、このことを認識するとともに体感し、ネイティブアプリとウェブアプリのエクスペリエンスを向上させるために相互補完的に双方を活用する。「どのように」実現するのかは個々の業務に依存するとはいえ、その目標は常にネイティブアプリやウェブアプリ(あるいはその中間)における卓越したユーザーエクスペリエンスに置いておく必要があるのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]